圧倒的な5つの差!金持ちと貧乏人の「我慢」に対するマインドセット|貧乏脱出ブログ

我慢|読者と共に貧乏から脱出するブログ
 
読者の皆さん、こんにちは。
 
 
 
未だに貧乏絶賛丸出し中の高橋です。
読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 
 
 
唐突ですが、我慢できない事って結構あるんじゃないでしょうか?
 
 
 
前から欲しくかった物を、最近Amazonで買って、はよ来んかなあって、数時間おきに商品の配達状況を追跡してみたり。
 
 
ビットコインを買ったはいいが、我慢できずに少し値上がりしたら速攻で現金化してみたり。
 
 
そういう我慢できずにやっちゃって、後から後悔するって多々あると思うんです。
 
 
 
今回は、お金持ちと我々ワーキングプアの「我慢」に対する差を5つフォーカスし、徹底的に深く掘り下げてみたので、読者の皆さんと共に貧乏から脱出する一助となればと思います。
 
 
1.時間に対する我慢:ビジネスは米作りと心得よう。
 
2.お金に対する我慢:していい借金とダメな借金。
 
3.遊びに対する我慢:友達と無駄に会うな。
 
4.ものに関する我慢:セール品に注意し、資産にお金を投下する。
 
5.貧乏人のダメな我慢:思考停止。
 
 
 

1.時間に対する我慢:ビジネスは米作りと心得よう。

 
 
私事ですが、ブログアフィリエイトで始めたばかりなのに毎時間、いくら儲かったかチェックしてしまうんですよね。
 
 
 
 
意味ないのに。
 
 
 
チェックしても1日3円くらいしか利益出てないのに。
 
 
とりあえず、100記事書かないといけないのに。
 
すぐに結果が出ないかなあ、って気になっちゃうんですよね。
 
 
貧乏人のマインド:
 
ちょっとやってみて、すぐ結果がでないと、速攻で次の取っつきやすそうなものに移っちゃいます。
 
 
金持ちのマインド:
 
資産を作るのは、コメを作るのと一緒。
順序を見てみましょう。
 
 
 
1.苗づくり。
ビジネスのアイデアが浮かんで、それを始めるのにちょうど良いタイミングになるまで、プランを温めておきます。
 
 
2.田んぼを耕す。
そのビジネスがうまく育つように、ビジネスの外的環境、内的環境を分析、調査します。
 
 
3.田植え
実際にビジネスを始めます。
この時が一番忙しい時期です。
 
 
4.草取り
ビジネスがすくすく育つように、地道に作業を繰り返します。
 
 
5.稲刈り
遂にビジネスが軌道に乗って、利益を出せるようになります。
 
 
 
このように、米作りでは春から秋まで長い時間をかけることで、最終的にご飯を食べることができます。
 
 
一朝一夕では絶対にコメは作れません。
 
資産をつくるのも一朝一夕では作れません。
 
 
 
自分はいま、どのプロセスにいるのでしょうか。
 
 
毎月5万稼ぐ!という目標に向かって、地道に草刈りをしないといけないのに、このプロセスを理解してなくて、無駄に家でテレビをみたり、ゲームをしたりしていることが多々あります。
 
 
とにかく今は、まずは売り上げに対する一切の情報をシャットアウトして、作業に集中する。
 
 
それが何か月、何年か後かにやっと数字として表れてくる。
 
短期的な視点ではなく、長期的な視点を持つ。
 
皆で意識していきましょう。
 
 

2.お金に対する我慢:していい借金とダメな借金。

 
我々ワーキングプアがよくやるのが、生活費の為にはじめてのア〇ムとか何とかの消費者金融で金利7~15%で借りちゃったりしますよね。
 
 
例えば、100万円で金利15%で借りたら、
 
 
1年間で利息累計8.3万円。
 
2年で支払う場合、利息累計16.3万円って。
 
 
 
 
時代はゼロ金利政策ですよ。
 
 
銀行にお金預けても、0.001%の利息しか付かんのですよ!!
 
 
 
そんな時に、金利15%で借ります!?!普通!?!??
 
 
 
この借金はしちゃあいけませんよ。
 
 
 
特に、アルコールや、ギャンブル、娯楽の為の借金はもっての外です。
 
 
 
けど、裏を返せば、金持ちはさらに不動産投資なんかしやすいですよね。
低金利でお金が借りれるんだから、利回りは上がるわけで。
 
 
なんで、金持ちは頭金だけポンポン払って、低金利でバンバン不動産っていう資産をウハウハ増やしまくってる訳ですねぇ。
 
 
 
 
で、
 
 
なんかいまいちよく分かってない素人が、テレビや広告で最近よく見る不動産投資でもいっちょはじめっか!とか無駄に勢いに乗って、金持ちが建てたマンションなんかを超割高で買わされたりするんですよね。
 
 
 
もう、テレビやネットで情報が出るってことは、遅いですからね。
 
時すでに遅し、ですよ。
 
 
 
僕がやってた民泊なんか、誰も知らないときにやってたから儲かったわけで。
 
今からやっても、民泊新法の関係で、個人はもう金になりませんぜ。
資本がある金持ちはいいですが。
 
 
 
 
ちょっと、脱線しましたが、してもいい借金とダメな借金についてご理解いただけたでしょうか?
 
 

3.遊びに対する我慢:友達と無駄に会うな。

 
僕の敬愛する与沢翼先生と、そこらへんのホリエモンが言ってたことです。
 
 
 
これはですねえ、なんか、だっらだらだっらだら、喋る奴っているじゃないですか。無駄にずーっと自分の不安なこと、社会のことなんかとりとめもなくしゃべる奴。
 
 
 
 
 
・・・ねえ。
 
 
 
 
・・はい。
 
 
 
私、高橋のことです。
 
すいません。
 
 
人の大切な時間を奪っちゃう。これって実は相当悪質ですね。
 
だって、人生って”時間”の積み重ねじゃないですか。
 
いってみれば自分のしょーもない話で、お友達の貴重な人生を削ってるわけですよ。
 
 
 
もう無駄に友達に会うのは止めましょう。
 
 
例え会ったとしても、タイムリミット決めときましょう
 
 
で、時間が来たら、すいません。次の仕事の予定があるんで、とかなんとか当たり障りのない事言って、自分のやらなければならない事をやりましょう。
 
 
友達と遊んだって、資産なんか作れないですから。
 
ただ無駄に陰口叩きあうだけですから。
 
 
実際にこれ試してみて、めちゃめちゃいい効果を発揮してますよ。
 
 
まず、ネガティブな事を言わないから気持ちもぐらつかないので、もくもく作業に集中できる。
 
 
本当に大切なものである、家族と過ごす時間が増えた。
 
 
ぜひ、お試しください。
 
 

4.ものに関する我慢:セール品に注意し、資産にお金を投下する。

貧乏ブログーShopping
 
例えば、我々貧乏人がスーパーに行った時に、
 
 
セール中!!ハンバーグ2パック500円!
 
 
っていうポップアップを見て、我先にと買いまくって、買い物の予算が3000円だったのに、結局5000円になっちゃった!
 
 
う~ん、まあお得だから良かった良かった!とか言いつつ、1週間後に冷蔵庫の中で、食べられずに結局ポイしちゃったなんて経験はないだろうか?
 
 
 
僕はしょっちゅうありました。
 
「いまだけ!ここだけ!あなただけ!」
 
の三拍子にまんまと引っかかっちゃうんですよね~。
 
 
 
これがまた。
別に本当に必要なものではなかったんです。
 
 
お金持ちの場合、
 
「いまだけ!ここだけ!あなただけ!」のセールスに対し。
 
 
私はお金持ってるし、「いま」買う必要はないから、「ここでは」買わんわ。
 
ただし、ちょっと高いけど、健康に良いとされるオリーブオイルは買っておこう。
 
 
 
とか。
 
 
 
心に余裕があるから、人生でなにが本当に必要か分かってるんですよね。
で、実際貧乏人より生活費の出費が低かったり。。。
 
 
でも、その節約したお金で、本当に大切な投資だったり、自己啓発、勉強、セミナーなんかには惜しみなくお金を注ぎ込む。
 
で、その投資したお金が2倍、3倍になって返ってきて、さらに裕福になるってお決まりのパターンですよね。
 
 
 
はい。
 
 
我々ワーキングプアも本当に必要ないものが見分けられるように、なりたいですよね。
 
 
それが金持ち父さん、貧乏父さんで言うところの資産と負債です。
 
 
資産とはお金を生み出すもの。
負債とはお金がかかるもの。
 
 
本当に必要なものは間違いなく資産、ですよね。
 
 
自分自身の健康も資産ですよね。
健康であれば働いてお金を稼げますから。
でも、暴飲暴食、ビールもガブガブ飲んで、カップラーメンを食う。
ほとんど歩かずに車でブンブン移動。
 
 
 
で、結局病気になっちゃって、もうどうしようもできん状態になったり。、
 
 
 
後は、自分自身の経験も資産ですね。
ビジネスや、趣味、勉強を通して経験を積むことによって将来お金を生む可能性があります。
 
 
写真が好きなら、趣味で友達の結婚式の写真撮ってたら、結構お好評でそれが副業になり、本業になった。
 
 
ビジネスで色んな業種に10回、20回挑戦して失敗した経験があるから、コンサルタントとして活動して、自分と同じような失敗をしないようにアドバイスしたりお仕事に繋がるかもしれません。
 
 
 
貧乏人は負債には惜しみなくお金をつぎ込んでしまいます。
 
 
 
例えば、車。
車って持ってても、保険代、駐車場代、車検代、税金とお金を食ってますよね。明らかに。
お金を生んでないですね。
 
フェイスブックのマークザッカーバーグって言ったら、まあ間違いなくポルシェやベンツなんかに乗っていると普通思うんですけど、庶民的なフォルクスワーゲンのマニュアル車に乗っているとのこと。
 
 
だってそりゃあそうですよね。日本なんて、新車を買って次の日には100万円くらいの価値を一瞬にして失うんですから。
 
 
また、賢明なる投資家、バークウェイ・ハサウェイのウォーレン・バフェットは1958年に3万1500ドルで買った質素な家に今でも住んでるんだとか。
 
まあ、当時と今でも価値は違いますが、それでもたった数百万の家に住み続けてるんですよ!
 
 
 
それに比べて、僕の友達なんか35歳くらいのサラリーマンで、横浜のはずれに5000万円の家を建てちまったとのこと!!
 
 
もちろん一般人なら親戚一同で、おめでとう!
と祝うとこなんでしょうけど、いや、もう建てて住み始めた次の日から資産価値なんか数百万は失ってるわけで。
 
なおかつ自分が病気にでもなって、会社からクビでも切られたらあっという間にローンも払えんくなって、にっちもさっちもいかんくなって、ロケーションも悪いし、結局3000万円くらいでしか売れんで残りの2000万借金ですぅうう。。
 
 
 
 
とか現実で結構起きてますからね!
 
 
 
実際。
 
 

5.貧乏人のダメな我慢:思考停止。

 
我々貧乏人は買えないから我慢するってよくありますよね。
 
 
 
それで、はい、終了。みたいな。
 
 
 
貧乏人って完全に思考停止しちゃってるわけですよ。ここで。
 
 
じゃあ逆に金持ちは、っていうと、まずどうすれば買えるか考えます。
 
 
・値切れないか。
・ここより安く売っているところはないか。
・友達が持ってたら、自分の持って物と交換しよう。
・自分の持っているものを売って、お金を増やしてから買おう。
・次の新しい機種が出たら、こっちが安くなるからそのタイミングをみて買おう。
 
 
 
目標を達成する為に、いろいろ戦略をもってますよね。
 
 
お金がないから思考停止するか、戦略をもって行動するか。
この差は結構大きいのではないでしょうか?
 
 

まとめ

 
1.時間に対する我慢:ビジネスは米作りと心得よう。
 
2.お金に対する我慢:していい借金とダメな借金。
 
3.遊びに対する我慢:友達と無駄に会うな。
 
4.ものに関する我慢:セール品に注意し、資産にお金を投下する。
 
5.貧乏人のダメな我慢:思考停止。
 

5つの「我慢」に対する事柄を見てきましたが、以上でしたがいかがでしょうか?

 

少しでも貧乏人と金持ちとの差を縮める為に、これらのことを意識して、今、自分達がやるべき事に集中していきましょう。
 
それでは、また!
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です