年収300万以下の人が貧乏から脱出する為の6つの戦略と節約術|貧乏脱出ブログ

戦術|読者と共に貧乏から脱出するブログ

こんにちは!

梅雨も明けたみたいで、めちゃめちゃ熱くなってきましたね。

 

インターネットビジネスで月5万稼ぐため、僕は相変わらず家に引きこもってカチャカチャ作業してますが、本当にこれでいいのか試行錯誤しながらやってます。

 

利益が出るまで最短で3か月。

 

やり方や方向性が間違っていたりしたら、1年かかっても利益が5000円以上でない人もざらにいるみたいで。。。

まだ初めて10日目くらいなんですけど、あとどんだけ時間と労力をかけんといかんのですかね。

ただ、今回ばっかりは諦めるわけにはいかんのです。

 

家族がいるので、5~10万は確実に稼がないと。。。

 

・・・・あと3か月で。

結構崖っぷちです。
ギリギリCHOPです!!

 

そんなこんなで、今回は貧乏から抜け出すための小手先ではない、本質的な節約術と、辞めなければらならない5つの事について皆さんとシェアしたいと思います。

 

 

 

なぜ節約するのか?

節約|読者と共に貧乏から脱出するブログ

まず始めに、ここから考えなくてはいけませんよね。

今までの僕みたいに、だってただ何となく、とかそろそろお金貯めんとやばいわあ、って理由だったら絶対に長続きしないですもん。

大体3日坊主で終わっちゃうパターンで。

やっぱり、具体的な理由と、その先にある目標、断固たる決意、がないといけません。

 

僕の理由

僕は家族持ちで、アラサー、貯金もほぼなし、本業の自営業もほぼ撤退している状況なので、まずは今の生活費や支出を減らさないといけません。

ゴミみたいな貯金が底を尽いて誰かに金を借りるか、クレジットカードでリボ払い、なんていうダメなパターンにならないために、支出を減らすこと、節約することは絶対命題です。

 

皆さんの場合はどうでしょうか?

・ブラック企業で働いていて休みもほとんどない。手取りも低いし、大学時代によくしてた趣味に費やす時間も金もなくてどうしようもない。。。

・シングルマザーで子供は日中保育園に行っているけど、朝晩は子供の面倒を見なくちゃで自分の時間もお金もないし、昼の仕事も結構きつい。これがいつまで続くのよ。。。

なんていう問題があったとしたら、まず一番取っ掛かり安いのが節約と支出のカットだと思います。

 

整理と対策

あとは自分が、その具体的な大きな節約するという目標のを達成するために、小さな目標を一つづつ達成していくことが大事です。

 

大谷翔平の場合

あのメジャーリーグのエンジェルズで活躍する大谷翔平も、高校時代に”目標達成表”なるものを使って、ドラフト1位を8球団から提示される、という最終目標を持っています。

この最終目標を達成するために、以下の小目標(要素)を設定しています。

・スピード160km/h
・体づくり
・コントロール
・キレ
・変化球
・運
・人間性
・メンタル

この各小目標を達成するために、それぞれの具体的なトレーニング方法や日々行うことについて細かく書き出しています。

(スピード160km/h)
・体幹強化
・ピッチングを増やす
・体重増加

等です。

 

僕らの場合

最終目標は貧乏から脱出する、です。

その為の小目標の一つが、節約する、支出を減らす、本当に必要なものだけ買う、です。
本当に必要なものとは?こちらの記事で取り上げていますので、ご参考までに。

 

【必読】貧乏⇒お金持ちへ~今すぐに買うすべきモノ7選|貧乏から脱出するブログ

 

小目標を達成するための具体な戦略6つ

チェス|読者と共に貧乏から脱出するブログ

1.なんとなく買っている食料品について金額・品質のルールを設ける。

まず、使う金額のルールを決めます。前はスーパーでの一回の買い物で、特に何も考えずにトータルで5000円になったりすることもありました。

 

しかし最近では、基本的に一日で使う食費を3000円以下にする、という基準に則って買い物をしています。

ただし、金額を減らして、カップヌードル等の体に悪いものを食べる、では後々体調を壊して続かないので元も子もありません。

最近の研究で「医学的に健康に良いと証明されている食品」は5つしかないといわれています。なので、以下の5つを主に買うように心がけています。

 

特に、魚の骨まで食べられる味噌味の鯖缶なんかはよく買います。
また、実際に安いサラダ油から1本1000円ほどのオリーブオイルにしてからは、食べた後に頭がぼ~っとすることもなくなりました。

 

・フルーツと野菜(野菜ジュース、イモ類を除く)
・魚
・ナッツ類
・オリーブオイル
・精製されていない炭水化物(茶色い炭水化物)

 

 

【Grand Nature】送料無料1,080円お試しナッツセット

 

 

2.お酒をやめる。

前は家で晩酌をしていましたがやめました。

というのも、そもそも一人で酒を飲んでも全然楽しくないし、はっきり言って安い缶ビールはマズイっす。。。

 

あと、ほとんど飲みに行くこともなくなりましたね。

まあ元々友達いないんでほとんど誘われたりしませんが、たまーに飲みに行ったら一杯600円くらいのビールをがぶがぶ飲むので、3000~5000円くらい一瞬で飛んでいきますからね。

それだったら、宅飲みで300円くらいするクオリティの良いビールを飲んだ方がいいですね。

あと子供もいるので、基本的に家の方がいいですね。個室の居酒屋かレストランとかにいっても落ち着いて食えんし。。。

 

 

3.自家用車をやめてシェアカーにする。

はっきり言って車は負債です。資産ではありません。

資産とはお金を生み出すもの。負債とはお金がかかるものです。

僕らがいくら車に乗ろうがお金を生み出してはくれません。

 

自家用車(軽)の場合。

・保険代:5000円
・駐車場代:10000円
・ガソリン代:5000円(最近更に上がってきましたね)

 

毎月の費用2万円。

+自動車税:1万円。2年に1回の車検代:約6.5万円。メンテナンス費:約4万円。
2年でトータル60.5万円の支出です。

 

シェアカーの場合タイムズカーレンタル

・月額基本料金:1000円
・週一回6H使った場合:4000円

2年間でトータル40.8万円の支出です。

 

2年間で大体20万円の差ですね。
これは結構デカいんじゃあないでしょうか?

 

 

4.家賃は年収の2割!?

 

年収200万円の場合:月3.3万円。
年収300万円の場合:月5万円。

家賃ってマジで無駄ですよねぇ。

おまけに家は車と一緒でお金を生み出さない”負債”です。

だって賃貸の場合、これってただの金持ち大家をがっぽり儲けさせる為のものじゃあないですか。

こんなん少なければ少ない方が良い。

僕は九州で1LDKの物件で4.5万円のマンションに住んでいます。

まあ年収200万円弱の僕は家賃3万円が妥当なのですが、子供が2歳だから仕方がなくマンションに引っ越してきました。

元は家賃3万円のボロアパートでした。

子供がいなければそれでも全然問題なかったです。

 

さらに家を買っちゃうやつなんかもう論外でしょう。

これは経済評論家の上念司さんも言っています。

そもそも、家なんか買っちゃったらローンを支払う為に一生会社から離れられないじゃないですか。

それこそ上司がこいつ結婚して家も買ったし、一生ここで働くつもりやなあ。よっしゃ、この馬鹿を一発懲らしめる為に地方に飛ばしたろう。

とか言って2,3年飛ばされたりして家族と離れ離れになっちゃうってパターン。

 

いやあ、相当怖いっつすね。

これは。

しかも、家やマンション買って、隣人に訳のわからん奴がおっても、もうどうしようもないですもんね。

 

5.携帯を格安SIMにする。

実際に僕は仕事柄、色んな格安SIMを使っています。

それプラスのAUのガラケーで通話し放題3400円。


ケーブルテレビのWIFI:3000円のコンボです。

・楽天SIM(データ通信のみ:1000円)
・UQモバイル(データ無制限プラン:2000円)
・U-mobile(LTE使い放題:2480円)

格安SIMは登録料がどこも似たり寄ったりで約3000円。

解約料が基本的にかからないのが良いですね。

ただ、問題がカスタマーサポートに電話してプランを変更しようとしても、SIMが送られたときについている、SIM番号なるものが基本的に必要とのこと。

特に、UQモバイルのカスタマーサポートはこれがないとプランが変更できかねます、とかなんとか訳が分からんことを言ってるから喧嘩になっちゃいました。

皆さんもUQモバイルのカスタマーサポートには要注意です。

さらに、データの通信速度もさすが2000円。

遅くて使い物になりません。
まだ、U-mobileのLTE使い放題の方がましですね。

とにかく、自宅にWIFIがある人は格安SIMは総じておすすめです。

その他、節約しなければならないことについてはこちらもご参考ください。

宝くじはご法度!!貧乏人が絶対に買ってはいけない物7選。|貧乏から脱出するブログ

 

 

 

6.自分が好きなスポーツを探そう。

これは意外かもしれませんが、スポーツって体力がついて健康にもいいし、ストレス解消にもなります。

実際に金持ちはジムに行ったり、スポーツを大事だと認識している人が相当数いるようです。

ホリエモンやマネーの虎の南原社長とかもすごいですね。最近では与沢翼さんもジム行ってるみたいですし。(笑)

特にただランニングする、トレーニングジムに行くっていうのだと1か月くらいは続くけど、長期的には続きませんでした。

なので、自分が本当に好きなスポーツを見つける、ということが大切だと思います。

僕の場合はボクシングでした。

1年以上続いています。

とにかく、マススパーリング(あてないスパークリング)やサンドバッグを叩くのが楽しい!!

体重も88→71kgに減って、健康診断の肝臓のγ-GDPの数値なんかも適正になっていました。

前は友達と飲みに行ったり、遊びに行ったりで無駄にお金を使っていましたが、スポーツをする方が楽しいし、体力も上がるし、ストレスも解消されて最高です。

ボクシングの月謝は5000円です。

飲みに行ったら一回で3000~5000円飛ぶので、マジでコスパ高いです。

ただ、あくまで「好きな事」しか続かないので、あきらめずに色んなスポーツに挑戦してみて自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、貧乏から脱出する為の節約術と戦略ということで、5つの具体例を挙げました。

ポイントは負債となる不要なものはバッサリ切り捨てて、本質的に必要なものにお金を投下する、ということです。

 

で、節約してできたお金を”全て”、お金を生み出す”資産”を作りだすことに回していけるようにしていきたいですね
 
それでは、今回も読者と共に貧乏から脱出するブログを読んで頂きありがとうございました。
共に励ましあいましょう。
ではまた!
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です