読者と共に、貧乏から抜け出す方法を模索するブログ始めました!

読者と共に貧乏から脱出するブログ1
 
こんにちは!
関東は梅雨明けしたみたいですが、九州はまだ雨もガンガン降ってるし、蒸し暑いしで最悪ですね…

 

また、最近ニュースでは生活保護の受給額が減らされたりだとか、国民年金の障害者基礎年金を障害の程度が低いから1000人打ち切りにしたりとか。
その反面、貯金をがっぽりため込んだ年寄りが病院に行きまくっても医療費負担が1割って、いやあ、なんかおかしいぞ。

 

もちろん資産がないお年寄りの方、頼る人がいなくて困っているお年寄りの方の保証等は手厚くすべきですが、国の基準なんかもうめちゃくちゃで、国民年金、国民健康保険の制度なんか崩壊しちゃってるし、もうどうしようもないですね。

 

まあ、ただここでグチグチ言ってても仕方がないので、とりあえず、選挙にでも行って既存のジジイどもが作ったルールを破壊する個人に投票するしかないですね。
いやー、選挙とかって面倒だから行きたくないですけど、もう四の五の言ってられないです。。。

 

 

 

 

状況

 
とりあえず、私の状況からお伝えします。
九州在住の30代の男で、妻子持ちの3人家族の高橋と申します。
 
 
最高は34連勤で直属の上司なんかは60日連勤の後に工場のメンテナンス中に脳梗塞でいきなり天に召されてしまいました。
 
それがきっかけで辞めたのですが、その後は海外をプラプラしつつ、今は九州の片田舎で自営業をしています。

 

ただ、仕事も自転車操業で、年収も200万以下!!俗に言う “ワーキングプア” です。
家族持ちで200万以下はマジできついです。貯金もほぼ0だし。
 
とかいうと、サラリーマンでもすりゃあいいやん、と言われますが、九州の地方都市ですので、30代でも月の手取り15万、それ以下とか当たり前。
 
いや、高校生のバイトじゃあるまいし、週5,6の奴隷労働で月15万以下って、、、たまったもんじゃないし、こんなんじゃ一生ワーキングプアから抜け出せんわあ。。。

 

 

貧乏ブログの意義

年収300万以下の”ワーキングア”が約40%の国、日本でアリジゴクに苦しむ我々がどのようにこの”貧困・貧乏”から抜け出すか、という軌跡を読者と共に共有し、励ましあいたい、というのがこの貧乏ブログの最大の意義です。

 

いったいゴールがどこにあるのか、またもや本当に到達できるかもわからないし、間違いなく時間もかかるのでしょうが僕はあきらめずに最後までやりきりますよぉおお!!!

 

ということで、日々私が貧乏から抜け出すために新しく学んだこと、体験したことを記事にして皆様にお届けしたいと思います。

 

整理と対策

じゃあ、こいつがいったい何が原因で貧乏になったのか、また具体的にどのような対策・戦略で貧乏から脱出するのか考察していきたいと思います。

 

学歴が原因!?

状況

大学|読者と共に貧乏から脱出するブログ

地方の公立高校の普通科を卒業し、さらに地方の国立大学の工学部を卒業しています。
 
いやー、せっかく低レベルながら国立大学卒業したなら何かあるやろ、と思うかもしれませんが、就職先はブラック零細企業です。

 

確かに工学部で大学院まで行けば研究者として年収700万とかいったんじゃない??と思うのですが、もう後の祭り!!
 
そもそも研究所なんかにこもって仕事してられるような性格じゃあありませんし、続かないわな。。。
 

学歴あってもダメなの?

また、最近よくテレビに出てる林先生も、東大を出ても負け組がいる。
 
同窓会でも、その同窓会にこれる奴は成功している奴ってことで、同窓会に出れない奴はたいてい失敗している奴ら。
 
って、言ってましたね。

 

あと、最近のコンピュータやAIの発達で、昔は皆んなの羨望の的だった弁護士、税理士、会計士、などの士業の方々も仕事が無くなって、日払いの解体の仕事をしてるんだとか。
 
また、保険会社の保険商品の価格設定とか、インテリの社員さんが難しい数式なんか使って決めてたみたいですが、もうそれもAIに取って代わってクビにされたみたいです…
 

数字から読んでみる

え?!じゃあ学歴と貧乏って、そんな関係ないの?勉強せんでいいの?
 
って思うかもしれませんが、やっぱり厚労省が出している数字で見ると、今のところ高卒と大卒で生涯賃金に4600万の差があるみたいです。
 
 
・・・家買えるわ。

 

まあ、数字で見る限り、出来るなら大学は出といた方が良いってことね。
 
その分選択肢も増えるでしょうし。
 
ただ、時代はどんどん変わってきているので、今後どうなるかわかりません。
 

結局は運!?

結局、僕が貧乏なのは労働環境が良い会社に入れるかどうかの”運”が悪かったってことが原因?

 

ただ学歴がある分、良い会社に入れる可能性は高まりますよね。
 
もちろん結構な確率でブラックな可能性も否めないわけで。
 
僕はただその”運”がなかった方だったのかな、と思います。
 
まあ、年収300万以下が40%、年収300万以上が60%。
 
つまり、大学に行った奴がその60%に入れなかったら相当残念ってことですね。僕みたいに。。。
 
 
ダメだこりゃ…

 

運が悪かった自分が貧乏から脱出するためにできる対策・戦略

 
1.支出を減らす
2.本業の収入を上げる
3.副業を始める
4.マインドを変える
 
 

1.支出を減らす

節約|読者と共に貧乏から脱出するブログ

これが一番取っ掛かりやすいですね。

実際もう働きたくないですもん。
 
自営業を始めて3年間突っ走ってきて、サラリーマンしてた時より結局働いてんじゃねえ?と思います。
 
 
・・・・もう疲れたわ…
 
 
ってことで、お金を使わなければそれだけ働かなくて済むじゃないですか。

 

もう家で安い缶ビールも飲まないし、おごってくれる時しか極力飲みに行かないし、ご飯も予算を決めてその範囲内で買うようにしてます。
 
それで節約したお金を本業や副業の足しにしたいと考えています。
 
 
 

2.本業の収入を上げる

私はフリーランス、自営業をしているわけですが、まさに自転車操業です。
 
てか、実際ビジネスも撤退に向かっていっているわけで。ほぼ無職状態なワケで。。。
 
 
もちろんやり方が悪い、ってのは大前提としてありますが、市場の変化、業界の衰退もあります。
 
次のビジネスへシフトチェンジの時期だと思います。
 
サラリーマンや契約社員をしている方は、実際に本業で収入を上げるって、相当難しいものがあるのではないでしょうか?
 
営業職で歩合制、みたいな人はこれからの頑張り次第ですが、みんな営業ってわけでもないでしょうし。。。
 
現時点での職場では無理があるのではないでしょうか。
 
となると、やはり転職ですね。
 
社員を低賃金で奴隷のように働かせるクソみたいな職場はさっさと見限った方がいいに決まってます。
 
ただ、勢いだけで会社を辞めたけど、その後、税金の支払いを考慮してなかったとか、貯金が底をついてにっちもさっちもいかなくなった、っていうのは避けなければいけませんね。
 
転職について徹底的に調べ上げた記事も上げるので乞うご期待です。

 

3.副業を始める

やはり、取りあえずはここからでしょう。
 
僕は月5万円を目指して副業を始めようと思うのですが、0→1にするのが一番難しいわけで。
 
僕も実際、その1が作ろうと挑戦しては失敗を繰り返しているわけで。
 
 
・シェアスペースでCAFE&BAR
・出張写真撮影サービス
・アフィリエイトブログ
・海外からの個人輸入、個人輸出
・日払いの短期バイト
・ビットコイン投資
 
 
まだまだありますが、こんな感じでしょうか。
結局、月に5万をコンスタントに稼げる状態を作り出すことはできませんでした。
 

 
初期費用をかけずに副業をはじめるなら「Saleshub」

 

4.マインドを変える

色々と書いてきましたが、このマインドセットっていうのが一番大事なんちゃう?と思ってきました。
 
実際5万円を稼げるまで続かなかったですもんね。
 
そもそもの稼げるマインドでなかったと。
 
 
井の中の蛙大海を知らずって言葉であるとおり、実際にお金に不自由していないやつと貧乏な奴の決定的な違いってここなんじゃないですかね。
 
 
中国のアリババの創業者ジャック・マーも成功するまでに30回失敗したって言ってます。
 
普通の人間のマインドだと1回失敗したら諦めますよ。
 
普通。
 
僕みたいに。
 
 
明らかに“思考”そのものが違うんじゃあないか、と感じるようになってきました。

 

日本の年収1000万以上の人は4%しかいないわけで。
 
そのマインドを自分のものにするのが一番なのではないでしょうか。
 
これについても徹底的に勉強して、体得したいと思いますので、その情報も共有していきたいと思います。
 
 

 

まとめ

もう、やるしかないです。
 
家庭持ちですしね。
 
そろそろ崖っぷちになってきました。
 
最悪の時に最善の行動を取れるように自分に鞭を打っていきます。
 
それでは、次の記事も乞うご期待ください。
ではまた!

 

 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です