貧乏暇なしで疲れ切った僕が、3年間の整理と対策してみた|貧乏脱出ブログ

読者と共に貧乏から脱出するブログ4 アフィリエイトブログ
タカハシ@物乞いプロガーです。
 
 
・・・疲れきってます。
 
何だかよく分からないことに追われて365日、育児や家事、薄利多売の自転車操業の仕事、レシートをパソコンに打ち込みまくる日々日々、友達との無駄な約束、休む暇もなくガチャガチャガチャガチャ。
 
 
 
まさに「貧乏暇なし」
 
今回、【読者と共に貧乏から脱出するブログ】ということでキーワードを探してたんですけど、【貧乏暇なし】ってこれ完全に僕にドンピシャなキーワードです(笑)
 
 
実際に3年間やってきた自営業も最近撤退の時期に差し掛かり、色々と振り返ってみました。
すると、しみじみと貧乏暇なしやったなあ、と感じたわけですが、なんとなくこれまで深く掘り下げることはしませんでした。
 
 
めちゃくちゃ重要なのに…。
 
 
ですが、今回の記事を機に深くこの非常に掘り下げ、真剣にこの「貧乏暇なし」の整理と対策を行いましたので、あなたと共に貧乏暇なしから脱出したいと思います。
 

・貧乏暇なしのケーススタディ①~自営業者、高橋のケース~

・貧乏暇なしのケーススタディ②~僕の友人、Mr.ワーキングプアこと藤原タクミのケース~

・「貧乏暇なし」の整理と対策-時間とお金のマインドセット-

 

 
29歳。妻子持ちの3人家族。民泊の運営を行っていた自営業者です。
 
 
3年前に事業を始めたときはまだ結婚もしていなくて、「結婚をする為に何とか300万円くらい貯めないといけない!」と考えていました。
 
 
 
ちょうどその時に知り合った、後に私のメンターとなる”みっちゃん”に出会ったのです。
 
 
その、みっちゃんにお願いして民泊の始め方を教えてもらいつつ、出会って3か月後には事業を何とか始めることができました。
 
 
それからは、毎日試行錯誤しながら少しずつ軌道に乗ってきて、1年後、無事に結婚式を挙げることができました。
 
 
そして、新婚生活が始まるのですが、妻が体調を崩し始めて毎月眼科、内科、脳神経外科、整形外科、なんかに周って1回、1万5千円もするMRIやCT撮ったり、デートは病院かよ。って感じで過ごしてました。
 
 
そんで、なんやかんや相変わらず貧乏だったので、妻もバイトに行きだしたりしました。
 
 
結婚1年後、子供ができました。
 
貧乏暇なしにもかかわらず。
 
 
でも最高ですね。赤ちゃんは。
いい匂いするし(笑)
 
 
ただし、妻はバイトもできなくなって、不甲斐ない僕の収入は相変わらずで、こりゃあどうしようかなと思ってたんですが、運よく民泊の運営代行なんかを始めることができました。
 
 
毎日毎日、お客様が快適に過ごせるよう、赤ちゃんをおんぶしながら掃除したり、お迎えにいったり、めちゃめちゃ忙しく1年を過ごしました。
 
 
まあ、仕事もないよりはましですね。
その時は勢いで乗り切ったのですが、その1年後の現在、民泊新法なんかができちゃって、もう撤退、撤退ですわ。
 
 
そして、前年をそんな感じで忙しく働いてたから、また馬鹿正直に確定申告しますよね。税金跳ね上がりますよね。
所得税、住民税、国民健康保険税、年金。。。。。
 
 
・・・金なくなりますよね。
 
 
なんたって、自転車操業だから
ひとたび仕事が無くなれば支出の方が大きくなるわけで。
 
 
むろん、貯金を切り崩しました。
 
 
税金の支払いも増えてるんですけど。。
 
 
いや~、この3年間を振り返ってみて、なんだったんだろうとふと思いました。
 
忙しく働けば働くほど税金取られるし。
 
 
まあ自営業だから、経費のやりくりで”節税”なんかもできるのですが、サラリーマンの人は更に大変です。
税金で自分の給料の半分くらい取られることもあります。
最終的に、可処分所得という考え方からすると、かなり厳しい生活になるのではないでしょうか?
 
重税|読者と共に貧乏から脱出するブログ
 
結局、わたしは新婚旅行なんかも行けなかったし。
ず~っとこの場所にへばりついていました。
 
 
前はバックパッカーをしていて、香港、タイ、インド、イギリス、アメリカ、イタリアなんかに自由に飛び回っていました。
 
なので、もうそろそろ日本はいいかな、という気がしてきました…
 
 
もう貧乏暇なしにはこりごりです。
 
ちなみに、そのストレスで頭もはげかかってきた(笑)
 
 
もう仕事辞めたい…

貧乏暇なしのケーススタディ②~僕の友人、Mr.ワーキングプアこと藤原タクミのケース~

 
いやあ、この藤原も一応サラリーマンなのですが、相当な貧乏暇なしなんですよ。ホントに。
類は友を呼ぶって言いますけど。
 
ちなみに、一応鉄鋼関係の”正社員”なんですが、”時給制”ですよ。
 
 
正社員なのに、時給制ってなんだよそれ!(笑)
仕事休んだら給料減るわあ、って。
 
そもそも、時給1000円って東京だと時給1000円って高校生のバイトレベルですよね。
 
ホントにとんでもない(笑)
 
週休1日制だし。給料手取りで15万みたいです。
 
 
信じられませんが、どう転んでもこれで家族は養えません。
 
 
更に、この会社最近ちゃんと従業員から国民年金徴収してなかったとかで、安月給の給料から更に未納分の年金を引き落としてるって。
 
 
潰れた方が良いですね。こういう従業員をゴミのような”奴隷”としてしか使わないブラック会社は。
休みだって日曜日だけなので、もちろん無理して予定を入れるわけで。
体を休める暇もありません。
 
 
まあ、そんなことを言ったら皆さん転職しろよ、と言われるかもしれませんが、ここは全国でも給料の低さが1、2位を争う貧乏県なのです。手取り15万なんてどこも一緒です。
 
 
そんなこんなで、彼はバイトも掛け持ちしつつ、この会社で10年くらい働いたわけです。
 
 
そして、気になる今現在はと言いますと、
 
なんと、超金持ちの上海ガールをゲットしたらしく、結婚に向けてこのブラック企業を辞めて、我々の地元を捨て去って行きました!!(笑)
 
 

さようなら~!!

 
いや、冗談じゃなくこの上海ガールの両親が資産家らしく、日本に旅行に来たときに大阪で一泊30万の部屋に泊まったとか。
 
 
実家はタワーマンションの大理石の広々とした玄関で、トイレなんか我々の家のお部屋くらいに広かったとか。いや、トイレに6畳はいらんでしょう。
 
 
・・・藤原よ。。。
 
 
大学を卒業して、年収200万円以下のワーキングプアとしてよく頑張ったもんなぁ。
 
10年間も。。。
 
幸せになれよ。
 

 

我々を捨てて、ね。。。

(笑)
 
はい、ケーススタディはここで終わりです。
無駄に熱がこもってしまいました。すいません。
 
とりあえず、ここから本題の「貧乏暇なし」の整理と対策をします。
 

「貧乏暇なし」の整理と対策-時間とお金のマインドセット-

状況を整理してみた。

 
実際、僕も彼も大卒で、一応”国立大学”ですよ。
 
皆さんの中にも社会が言う”いい大学”を出られた方もいるかもしれません。
 
ただし、実際に高学歴が金持ちで暇ありか、と言われればそうでもないですよね。
 
じゃあいったい何が違うんだよ、って考えて、金持ちに会って話を聞いたり、金持に関する10冊以上の本を読んだりしました。
 
 
結論から言いますが、”明らかに一般人とは違ったマインドをしている”、ということです。
 
 
物の見方もそうですが、自分の「時間」というものが、この世で一番大切だと認識しているということです。
 
 
例として
 
高橋:
よっやあ!良いビジネスのアイデアが浮かんだぞ!ずぶの素人だけど、お金もないし、自分でガンガンやってみよう!!
 
 
です。
 
 
金持ち暇あり:
よっしやあ!良いビジネスのアイデアが浮かんだぞ!
 
自分は素人けど、そういえば知り合いでその分野に詳しいプロがいたな。
そいつとビジネスパートナーとして、うまい具合に自分が実働しなくても儲かるビジネスシステムを構築できないかな??
 
 
となるわけです。
実際に彼らはそうやって日本中、世界中を股にかけて、旅行ともビジネスともとれる楽しそうな時間を過ごしています。
 
・・・めちゃめちゃ羨ましい。
 
 
つまり、
 
貧乏暇なしの高橋は、サラリーマン根性で自分の時間を売って、それをお金に変えるビジネスと考えています(時給)。
 
逆に金持ち暇ありは、他人の時間を買って、それを上回る利益をだすビジネスモデルを考えています(投資)。
 
 
大事なことは、ビジネス(商品)とビジネスモデル(システム)は全くの別物だということです。
 
 
どういう事かといいますと、金持ち父さん、貧乏父さんの例を挙げます。
 
 
Q:あなたはマクドナルドよりおいしいハンバーガー(商品)を作ることができますか?
 
A:楽勝でしょ。
 
はい。
では、次はどうでしょう?
 
 
 
Q:あなたはマクドナルドのようなハンバーガーを、世界中でほとんど同じ品質で作ること(システム)ができますか?
 
A:絶対無理。
 
 
はい。
金持ち暇ありは、自分で実働しなくていいように、儲かるビジネスモデルを構築することに心血を注いでいる、ということが分かって頂けたでしょうか。
 
明らかに考え方が違います。
 
本当にこの点について深く反省しました。
私も、何かお客様に喜ばれるような”商品”を作ろう、とこの3年間頑張ってきました。
 
 
しかし、やるのは自分です。
その結果が自転車操業で貯金なし、休みなしでした。

 

貧乏暇なしから脱出する為の戦略を考察してみた。

 
まず、ものには順序があります。
 
 
 
貧乏暇なしから、いきなり金持ち暇ありになりたいよー、なんて考えは絶対にやめてください。
 
1.貧乏暇なし
2.貧乏暇あり
3.金持ち暇なし
4.金持ち暇あり
 
これが正しいものの順序ではないでしょうか?
 

具体的にいきましょう。

1.貧乏暇なし

まさに今の状態ですね。
にっちもさっちもいきません。
 

2.貧乏暇あり

 
具体的な施策。
とりあえず、今ブラック企業で働かれている方は、今すぐに辞めて失業保険をもらいましょう。
 
失業保険が切れたら、職業訓練校に入ればさらに猶予があります。トータル2年くらい稼げるんじゃないですかね。
 
 
これで、職はないですが、貧乏暇ありになれましたね。
 
 
さらに、貯金もないし、病気もあるって方は生活保護をもらいましょう。
生活保護を恥じてはいけません。そもそも、生活保護を馬鹿にするやつはそれこそ相当なバカですよ。
 
だって、日本人って、ほとんどのやつが税金分以上の見返りを国からもらっているわけです。
 
 
特にワーキングプアの我々は。

3.金持ち暇なし

金持ち|読者と共に貧乏から脱出するブログ

さて、貧乏暇ありになった方は公務員になって、窓際社員としてのんびり暮らすのもよいかもしれませんね。
 
 
まあ、僕の友人は甘い考えで公務員になり、市民の銀行口座を凍結する窓口になってしまい、市民から脅されて精神的に参ってますが。。。
 
 
まあ、公務員になれたらいいですが、公務員なんか性に合わんわ、という僕なんかはどうしたらいいのでしょうか。
 
まず、会社に勤めよう、はないです。
 
 
じゃあ、どうするか、私が今取り組んでいるのはブログアフィリエイトです。
 
ブログアフィリエイトは始めた人の90%が5000円も稼げずに辞めていくそうです。
実際に私も、3年前に始めましたが、面倒くさくなって、放っぽり出していました。
 
典型的なパターンです。
 
 
しかし、私は今現在事業もほぼ撤退し、近々海外に逃亡することを考えていますので、最低5~10万円の生活費は毎月必要です。
 
だから、海外でもできることと言ったら、インターネットビジネスのブログアフィリエイト一択しかないのです。
 
 
ブログアフィリエイトで成功する条件は、とにかく1年以上根気強く書きまくること、だそうです。
毎日10時間くらい費やして、せめて、月に5万円だけでも…という思いで死に物狂いで取り組んでいます。
 
ブログ100|貧乏脱出ブログ
 
ちなみに、
 
・Youtuber
・Showroom等のライブ配信
・株式投資
・不動産投資
・FX
・海外で起業
・シェアリングエコノミー
 
 
シェアリングエコノミー|読者と共に貧乏から脱出するブログ
 
 
など、皆さんも自分に合ったものがないか探してみましょう。
 
あと、これと決めたらビジネスの多角化なんかしちゃあダメです。
 
きょろきょろあっちに行ったり、こっちに行ったりしてはだめです。
 
 
あの与沢翼先生も言っております。
 
投資家のウォーレン・バフェットやユニクロの柳井さん然り。
大事なのは”一点集中”です。
 
 
自分が色々と挑戦する中で、これ!と決めたものに全力を注ぎましょう。
 
何かに失敗しても、あきらめない限りは本当の意味での失敗ではありません。
 
成功する為の、必要なプロセスの一つだったんだな、と考えましょう。
 
 
借金したとしても、借金って、お金って、ただの人間が頭の中で創造した”概念”の一つでしかないのです。
 
また、本質的には借金てただの通帳に書かれてる”数字”でしかないんです。
額がデカければ、必殺!徳政令カード!自己破産!をすればいいのです。
 
借金が返済できないからって、刑務所に入れられるわけではありませんよね。
 
死んだらそこで終わりですが、生きていれば成功への希望が絶たれることはありません。
 
 
皆さん、一緒に数か月、1年くらいは我慢して一点集中でお金のなる木、を作ることに専念しましょう。
 

4.金持ち暇あり

ここまで来るのには各々色んな失敗をしてきたでしょう。
ただし、もうここを目指す以外ないです。共に生きましょう。
 

まとめ

・貧乏暇なしのケーススタディ①~自営業者、高橋のケース~

・貧乏暇なしのケーススタディ②~僕の友人、Mr.ワーキングプアこと藤原タクミのケース~

・「貧乏暇なし」の整理と対策-時間とお金のマインドセット-

 
以上、貧乏暇なしというテーマについて、予想外に深く掘り下げてしまいましたが、いかがだったでしょうか。
 
我々ワーキングプアで苦しんでいる人が、少しでも救われるようにと記事を書いてみました。
お互いに励ましあいましょう。
それでは、ありがとうございました。
 
ではまた!
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 

コメント