生活保護のメリットまとめ10選

生活保護

こんにちは!

家族3人、生活保護を貰いながら、バイト・自営業をしつつ人生のんびり豊かに生きている、生活保護受給者のタカハシです。

 

なんか、無性に生活保護をゴリ押ししたくなったので、今回は、生活保護のメリットまとめ10選を書きなぐったよ。

ごめん、ただオイラ生活保護で特に急いでもないので、途中までしかかけてないの。

 

でも、どしどし更新してくから、とりあえず見てちょ。

1. 無理に働かなくていい

 

いやあ、なんかブラック企業でメンタル消耗したって人多いじゃないですかあ。もういいやろ。もうやめようぜ。

 

とりあえず、死んだら元も子もないでしょ。

 

いやいや、そんなこと知ってるけど、働かないと周りから変な目で見られるじゃないですかあ、って言うのが理由だと思うんです。

 

でもね、周りからの変な目なんて、自分が作り出した幻想であって、実際、そんなものねえから。

 

まあ、たまあに病院なんか行くと、「アッツ、このひと生活保護なんだ、若いのに。」みたいな目で見られているような感覚に陥るかも知らんが、まあ、要は慣れよ。

 

そいつらは、お前に金をくれるわけでも面倒見てくれるわけでもねえから、「まあどうでもいいか」みたいな感じであしらえばいいよ。

 

慣れよ、慣れ。

 

脱線したけど、生活保護をもらうと、とにかく無理して働かなくていいわけ。

 

無理しないってのがキモだな。

 

そもそも、「あれっ、俺何で無理してんだろ?」って、気付くことになるわな。

 

それが、見栄なのか、プライドなのか、スキだという感覚なのかをもう一度確認する、そんな段階にいまいることを自覚せないかん。

 

要は、人生の振り返り、深堀ってやつやな。

 

のんびり、時間に囚われずに、公園の春風を感じながらゆうったり考えるんや。

これが、幸せってもんだよ。

 

うん。

 

とりあえず、生活保護は無理しなくていい、ってのがメリットなんや。

 

2. 生活保護は病院でキングになれる。

 

生活保護になるとさ、病院に行くときは、事前にケースワーカーに話通して、「俺今から、ここの病院に行って、受診してきますわ!」っていう紙が必要なわけ。

 

で、それもって病院に行くやん。

 

基本的には、みんな保険証をだすんだけど、俺らはこの受診ペーパーみたいなのを渡すわけ。

 

そしたら、病院の事務も「あれっつ、健康保険じゃない!生活保護のキングがきた!」っていう神対応になるわけ。

 

たまに変な目で見られるのはキズやけど、診断後は顔パスで帰れるし、薬を貰う時も顔パスや。

 

どや?

 

生活保護という特権階級の真骨頂はここで発揮されるのや。

 

ええやろ?

3. 生活保護とコロナの相性がいい。

 

生活保護ってさあ、ツイッターとかで、「働け」みたいにディスられんじゃん。

 

でもさあ、ここでコロナちゃんのお出ましですよ。

 

ヒエエエッツ。

 

でね、前までは生活保護をバカにしてた心の貧しい者共が、もう、にっちもさっちも行かなくなったわけ。

 

あぁ、俺もついに生活保護をうけるしかねえなあって。

 

そんな奴が今はゴロゴロごろごろしてて、なんやかんや世の中、「生活保護いいじゃん!!」みたいな風潮にどんどんなってきてるわけ。

 

つまりさ、生活保護のいごごちが凄いいいの。

 

気持ちいいの。

 

だから、道歩いててもコイツもそろそろ生活保護ですねえ、って暖かいいい気持ちになるんすわ。

 

とにかくさあ、コロナ時代と生活保護は凄く相性が良くて、生活保護受給者のいごごちがすげー良くなってきた感じはあるよね。

 

4. 生活保護も、個人事業主ってしとけば好き勝手出来る。

 

なんか、生活保護だと車持てなくて、公共交通機関つかわないといけないじゃないですかあ、それってだるいじゃないですかあ、っていうやつおるやん。

 

実際に、生活保護の申請時には車とか、資産とかもってちゃ生活保護受給できませんよ~、みたいなこと言われるんですわ。

 

でも、ここで裏技のおでましですよ。

 

そう、「個人事業主・フリーランスです」って言い張ると、車もっていい事になるんすわ。

 

そりゃあそうやな、事業で車が必要ないってことの方が珍しいやろ?

 

例えば、私はユーチューバーで、機材を積んでロケにいかなければなりません。とかいう理由があれば、まあ、確かにしゃあないな、ってなるわけよ。

 

でね、個人事業主で生活保護を受けると、事業であげた利益分は、生活保護が差し引かれるわけ。

 

これは、トリッキーやな。

 

気イ付けや。

 

つまりさ、個人事業主として稼げば稼ぐだけ生活保護費が下がるから、もう頑張って働くのやめよう、ってなるわけや。

 

でね、ここはもうとにかく儲けた利益分は、パソコン買ったりスマホ買ったりして、ぜ~んぶ設備投資に回して、紙面上では売上10万、コスト10万、利益0ですぅ、って言っといたら問題ないから。

 

大丈夫、大丈夫。

 

そんなもんやで。

5. 金に制限がかかるってのは、頭が良くなる。

 

やっぱ、頭が悪い奴はさ、一人月に8万しかもらえんの!?それやったらバイトして10万の方がいいわ!とか言い出すやつおるやん。

 

それは、ちょっと待とうぜ、と。

 

つーのもさ、10万も8万も正直大して変わんないわけなんやけど、生活保護の場合、「労働」というものから解放されるわけやな。

 

これが凄いんや。

 

で、労働から解放された結果なにが起こるかって、さ、

 

やたら暇になるわけよ。

 

そしたら、YouTubeで料理の動画を見出したり、図書館に行って哲学書を読みだしたり、公園の野の花の情報なんかをググって調べ始めたりするわけ。

 

こうなってくると、毎日の当たり前の生活に感謝できるし、なんかどんどん楽しくなってくるわけ。

 

必然的に、「節約しながら楽しく生きる方法」みたいなこともドンドン上達するに至るのよ。

 

そしたら、最終的にどうなると思う?

 

なんと、

 

生活保護でもみるみるうちに、貯金が貯まっていくってんだ!

 

びっくりだろ?

 

楽しいし、何だか貯金も増える。

 

生活保護おそるべし!となるわけやな。

 

生活保護で、収入の制限がかかることによってドンドン人生が豊かになる。

 

それには、こんなカラクリがあったってもんや。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました