人類が貧乏から脱出する唯一の方法-ベーシックインカムとは(TED)-

ベーシックインカム|貧乏脱出ブログ

「人類が貧乏から脱出する為のシンプルな方法、それがベーシックインカム」

 

そうTED Talksでお話したのは、ピケティに次ぐ欧州の新しい知性と呼ばれる歴史家のルドガー・ブレグマン氏です。

 

サッチャー元イギリス首相が「貧乏・貧困は性格上の欠陥だ」と発言をしました。

つまり人格の欠如であると。

 

あなたは、貧乏なのは自業自得だと思われるでしょうか?

・本人に欠陥がある

・なんとかして救ってあげたい

・成功法則を教えてあげられたら

・本人に聞く耳があったら

 

ブレグマン氏はずっとそう考えてきましたが、その問いの答えは与えられませんでした。

しかし、プリンストン大学のエルダー・シャフィアという教授とのディスカッションでその答えが得られました。

それが「基礎所得保障-ベーシックインカム-」というものです。

 

 

ここで紹介する記事を3つにまとめると、

 

貧乏生活の影響によって、知能指数が14も下がった。つまり、人間は何かが不足していると認識した時に、悪い方向に行動が変えられ、愚かな選択をしてしまう。

 

貧困とは知識の欠如ではない。貧乏な人が愚かだから愚かな選択をしているのではなく、どんな人であっても愚かな選択をしてしまうような状況に置かれている。

 

であれば、貧困者の境遇自体を変えてしまえばいいのでは?

そこで「基礎所得保障」を導入してみるのが、最も有効な手段であることを数々の研究・実験から立証されている。

 

ここからは、彼がTED Talksで話した内容をまとめて紹介します。

貧乏生活の影響によって、知能指数が14も下がる!?

サトウキビ|貧乏脱出ブログ

インドで実施されたサトウキビ農家を対象とする調査で明らかになったことがあります。

サトウキビは年に1回しか収穫できません。なので、彼らは収穫の直後は裕福ですが、収穫の前は貧乏になります。そこで、農家の人々に収穫の前と後に知能テストを実施したところ、収穫前の成績は収穫後よりも知能指数が14下がることが判明しました。

 

つまり、人間は何かに不足していると認識した場合、知能が下がるのです。

 

ここで分かったのは、「貧乏・貧困とは欠乏の心理」という事です。

人は何かが不足していると知能が下がり、行動が変わり、愚かな選択をしてしまう傾向になるというものです。何かが欠けているという状態は、それがお金・時間・食べ物などでも同じです。

 

貧困対策プログラムが機能しない理由とは?

例えば貧困対策として、教育に資金を投入しても全く効果がない理由は、「貧困とは知識の欠如ではないから」です。

つまり、お金持ちや役人が貧乏な人の為に服や靴、ぬいぐるみを送るのは止めて、その分を基礎所得保障として渡せばいいのです。

 

貧乏・貧困から抜け出すための「基礎所得保障-ベーシックインカム」とは?

ベーシックインカム|貧乏脱出ブログ

このベーシックインカムの考えは、500年前のトマス・モアの『ユートピア』にこの考えの兆候が見られます。

 

ベーシックインカムとは、食料・寝る場所・教育など最低限度の生活に必要な所得を毎月給付するというものです。完全に無条件給付なので、受給者は何をしなければいけない。という事はありません。

 

実際に日本国憲法25条1項では、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と謳っています。

 

日本では「生活保護」という制度で保障されてはいますが、実際には様々な条件がありこの制度が上手く機能しているかといったら疑問です。

 

ですが、ベーシックインカムは完全に無条件で最低限度の生活が保障されるので、むしろこちらの方が日本人の幸福度が上がるのではないかと思います。

また日本では、にちゃんねるの創業者のひろゆき氏がベーシックインカムの導入についての議論を活発にされていますね。

 

基礎所得保障-ベーシックインカム-の効果とは?

1974年、カナダのドーファンという町で行われた4年間の実験の結果、住民は友のみならず賢さと健康を得たことが判明したそうです。

また、子供たちの成績は大幅に向上し、入院する人の人数は8.5%も減りました。

精神疾患を抱える人も減り、懸念していた離職の問題もほぼ起きなかったとのことです。

こういった実験はアメリカやインドでも行われており、様々なメリットが立証されているとの事です。

 

ブレグマン氏の信じる未来とは?

人の仕事の価値を決めるのは給料の額ではなく、周りに広げる幸せや周りに与える意義です。

私が信じる未来は、貧困と無縁の生活が特権ではなく誰にとっても当然なものになることです。

研究結果や証拠もそろっています。実行手段も明らかです。

私たちは誰もが世界観を改めないといけません。

 

貧乏・貧困とは人格の欠如ではありません。

貧乏・貧困とは金銭の欠如なのです。

 

ありがとうございました。

 

Reference:TED Talks

 

動画を見て、ブレグマン氏の研究や著書に興味がある方はこちらもご参考までに。

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です