【貧乏神を追い払うための3つの方法】|貧乏から脱出するブログ

貧乏神|貧乏脱出ブログ

突然ですが、あなたは貧乏神を信じますか?

 

僕は一時期かなり貧乏神を信じていました。

なぜなら、働いても働いても全然お金が貯まらなかったからです。

 

あなたも同じように考えた事があるかもしれません。

 

今回は私がどの様にして貧乏神を追い払って、心の余裕を取り戻したのかについてシェアしたいと思います。

 

早速ですが、貧乏神を追い払う3つ方法はこちらです。

 

・貧乏神を追い払うために【運を味方につける】

・貧乏神を追い払うために【運動をする】

・貧乏神が嫌いな【食事】

 

それでは、1つずつ見ていきましょう。

貧乏神を追い払うために運を味方につける?

 

おいおい、貧乏神に取り憑かれているのに、運を味方につけるとはどういう事だ?と思われるかも知れません。

ですが、日本にはこのような言葉があります。

 

『運も実力のうち』

 

そうです。

私は何をやってもダメ、実力がない、実績がない。

この考えこそ、貧乏神があなたを食い物にしている最大の原因です。

 

私たちは運を味方につけなければなりません。

そのために、まず考え直さなければならないのが、運と実力の関係性です。

 

運:20、実力:80

 

一般的に、ビジネスや人生で成功するための関係性はこのようになっていると考えられています。

ですが、実際にビジネスで成功している人は、こういった関係性となっています。

 

運:33、実力:33、錯覚資産:33

 

ん?

錯覚資産?

 

初めて聞かれる人もいるかも知れません。

錯覚資産とは、心理学的な言葉でハロー効果とも言われます。

ハロー効果について分かりやすく説明するために、ゼロからの成功パターンを見ていきます。

 

始めはみんなゼロからの出発なので、何も実績はありません。

 

なので、とりあえず自分が出来る事を幅広く挑戦してみて、その内の1つか2つが小さく成功したとします。

 

その成功した実績を誇張するわけではありませんが、人に分かりやすいように数字で示すことによって、「なんだかよく分からないけど、この数字、実績は凄いな」ということになり、

『成功者』として人から認められます。

 

そうすると、この人に他のプロジェクトを任せたら成功に導いてくれるかもしれない、という事になり、その人はどんどん経験を積むことができ、結果として本当の『成功者』になることができるのです。

 

ここで私が伝えたいのは、まず初めに数をこなして何でもいいから実績をつくることが大事だということです。

 

そして、数をこなすことで『運』が上がってきます。

運というのは、小さな成功と出会うための確率のことです。

 

失敗経験が積み重なってくるとその失敗から学び、その分運が高まり成功に近づくことができるからです。

流れとしては以下のようになります。

 

ゼロから初めて数を打ち、運を高める

運よく小さな成功を手にすると、錯覚資産が増える

錯覚資産が増えると、人にプロジェクトを任され実力が付く

 

貧乏神を追い払うために、『数を打ってまず自分の運を高める』ことの大切さを分かっていただけたでしょうか。

 

貧乏神を追い払うために運動をする

貧乏神は家でぐだぐだやっている人間が大好きです。

自分には貧乏神がついているから家に引きこもっておこう。

家に引きこもって、することもないからテレビでも見ながら酒でも飲もう。

これは完全に【貧乏神のドツボ】にはまっています。

 

【負の連鎖】とはまさにこのことです。

 

それでは、私たちは貧乏神が嫌いな事をしなければなりません。

 

それが、『運動』に他なりません。

なぜ運動なのか、ここからは科学的根拠から見ていきたいと思います。

 

まず、やる気というのは「テストステロン」という脳内物質によってもたらされます。

 

ですが、お酒を飲むことによってこのテストステロンが低下する事が分かっています。

 

では逆にテストステロンを高める方法はないのか?それが「運動」です。

 

運動することで、やる気を高める以外にもこのような効果があります。

 

・IQが上がる

・寿命が延びる

・うつ病を治す

・集中力、記憶力が上がる

・疲労感が改善される

 

ハッキリ言って、運動以上の万能薬はこの世にはありません。

 

これは、カロリンスカ研究所のアンダース・ハンセン氏の研究結果になります。

それでは、具体的にどのような運動をすればいいのでしょうか?

 

それは

『週3回以上、朝方に30~40分ほどランニングをする』です。

 

有酸素運動を生活の一部に取り入れるだけで人生が変わります。

 

ちなみに、1時間以上の過度なトレーニングは疲労がたまり、良い効果は見込めませんのでご注意を。

 

また、時間があまりないという方は、こちらをオススメします。

 

それは『インターバルトレーニング』です。

 

具体的には、一分間心拍数を上げる運動をしてのち一分間休む。

これを10セット行い、計20分です。

 

仕事が忙しくて時間がない人でも、1日に20分は作ることができると思います。

心拍数を上げる運動とは、バーピーと呼ばれるものです。

やり方です。

  • たっている状態
  • しゃがんで手を地面に付けます
  • 足で地面をけって、足を後ろにだします
  • 足を元のしゃがんだ状態に戻します
  • しゃがんだ状態から立ち上がる
  •  

これを1分間繰り返し、一分間休みます。

計20分です。

至ってシンプルですが結構きついです。

実際に私もやりましたが、程よい疲労感が得られました。

 

この運動の後、数十分でからだを落ち着かせると、仕事に対するやる気と集中力がかなり高まったのが実感できました。

 

場所も取りませんし、ジムに行く気力がない人も自宅でできるのでかなりオススメします。

詳細はこちらの記事に載せてあります。

一流の頭脳|貧乏脱出ブログ

これで、かなり貧乏神が嫌な状態まで持っていくことができたと思います。

貧乏神を追い出すための食事とは?

貧乏神はコンビニ弁当や総菜、ビール、清涼飲料水が大好きです。

こういった食べ物には、化学調味料がたくさん入っていて、私たちの身体を蝕みます。

 

では、逆に貧乏神が嫌いな食事とはどういうものか、生化学と最新医療データに基づいて見ていきたいと思います。

出典は、「医者が教える食事術」の著者、牧田善二氏になります。

 

貧乏神が嫌いな食事の概要

・朝昼夜の食事分配は3:5:2

・オリーブオイルと白ワインは痩せる

・果物をジューサーにかけるな

・プロテインの過剰摂取は腎臓を壊す

・コラーゲンは食べても効かない

・ポテトチップスは悪魔の食べ物

・スポーツドリンクは飲むな

 

いかがでしょうか?

 

お酒は体に悪いとばかり考えていましたが、白ワインには痩せる効果があるとは知りませんでした。

また、学校の部活動のときはがぶがぶスポーツドリンクを飲んでいましたが、糖尿病の危険性があるという事実に驚きました。

 

これ以外にも様々な科学的根拠に基づいた、食事とその方法について書かれてあるので、ぜひご参考ください。

 

まとめ

・貧乏神を追い払うために運を味方につける?

・貧乏神を追い払うために運動をする

・貧乏神を追い出すための食事とは?

 

以上、3つの貧乏神を追い出す方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

『貧乏神はいます。自分の中に』

 

ですが、いま、ここから生活習慣や考え方が変われば、貧乏神も逃げていきます。

 

ぜひ、科学的根拠に基づいた対処方法を実践して頂きたいと思います。

それでは、また!

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

ぜひフォローお願いします。また、ブログが有益と思われた方はペイパルとポルカから、ぜひ献金もお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です