仕事を辞めたい貧乏人必見!〜退屈な仕事は文字通りあなたを殺します〜

仕事辞めたい貧乏人 貧乏ブログ
 
突然ですが、悲報です。
 
我々貧乏人をさらに陥れるような情報を手に入れました。
仕事を辞めたいのに、頑張って働いている、働けど働けどお金がない、そういった状況にあると思います。
私はサラリーマンはではないですが、自営業主・フリーランスワーカーとしてとても貧乏な状況にあります。
 
文字通り、貧乏暇なしです。
 
そして、薄給で嫌な上司に怒られながら、仕事を辞めたいと思いながらも一生懸命頑張っている、私とあなたにお伝えしないといけない事があります。
 
それは
 
『自分の嫌な仕事をし続けると、自分の人生の幸福度が下がり、なおかつ寿命が縮まる』
 
ということです。
 
今回は科学的根拠に基づいた記事を見つけましたので、シェアしたいと思います。
 

仕事を辞めたい貧乏人:無職は早く死ぬ!?

 
マクギル大学教授のエラン・ショアによると、
 
職がない状態では、若死にするリスクは実に63%も高める、とのことです。
 
まず、これは私にについてですが、自営業・フリーランスといっても稼ぎがなければ、それは無職同然です(笑)
 
ですので、この職がない状態が若死にするリスクが高まるというのは、本当に気をつけなければいけないことですし、早く事業として成功させないと、いつまでたっても世間的に見ても、私は貧乏で無職だと言うことになります。
 
考えようによっては、自分の人生を削ってしまいますが、私は自分のやりたいことをやっているという自負があります。
 
また、ウォールストリートジャーナル誌が報じたように
 

有意義な仕事に従事し続け、精一杯働いたものは、最も長生きした。

 
という研究結果があります。
 
自分の強みを生かし、最も得意とすることを毎日するようになると、心配やストレス、怒り、悲しみ、物理的な痛みに関する報告が減ることがわかったそうです。
 
 
私も、まだそれが世間では日の目を開いていませんが、いつか必ず成功できると信じて、自分の仕事がいつか社会の役に立つということを夢見て邁進していきたいと思います。
 
また、会社で働きながらも、副業や、自分で起業をしたりするのもありかもしれません。
すぐに結果は出ないかもしれませんが、最低でも1年以上頑張って、自分でゼロから一のビジネスをやってみるというのもかなりオススメです。
 
そこでは、自分の好きなことや趣味、自分の強みを活かしたことで、お金を稼ぐことができます。
また、そこで手に入れたノウハウが本業の方でも生かされると思うので、是非挑戦してみてください。
 

仕事を辞めたい貧乏人:会社努めは失業者よりも不幸!?

 
2010年のギャロップ調査によると、疎外感を覚えたり、感情移入できない職についている人は、失業状態にある人より幸福度が低い、という衝撃的な研究結果があります。
 
あなたは会社員、または公務員であると思います。
もしくは、アルバイトをしているかもしれませんね。
 
では、その職場の環境はいかがでしょうか?
もし自分が好きでもない苦痛を伴う仕事を長いこと続けていると、自分の人生の幸福度が下がってしまう可能性があるのです。
 
もちろん、自分ができることをやる、自分が求められていることをやるということは、非常に有意義ですが、そこで働く環境が悪い・人が悪いと自分の人生がすごく不幸なものになってしまいます。
 
日本人は一生懸命頑張りすぎたり、石の上にも三年といったような固定観念にとらわれて、鬱病になってしまったり、自殺してしまったりする人が多々います。
 
そんなことを言っても、失業状態になるよりはマシだと思うかもしれませんが、今回の研究出てたように失業した方がまだマシなのです。
 
また、スウェーデンの執行者を対象とした調査では、
 
単調な仕事が、心筋梗塞の発症リスクを高めることが明らかになりました。
 
つまり、退屈な仕事は文字通りあなたを殺すのです。
 
 
ということで、自分が不幸になってしまうような会社は今すぐにでも辞めるべきです。
また、失業しても日本には生活保護という世界最強の人権保護システムがあるため、正直何とかなってしまうのがわが国家なのです。
 
ですので、仕事が退屈だとか周りの環境を人間が悪いのでしたら、いち早く会社に退職届を出して仕事を辞めましょう。
 
最近では、嬉しいことに退職代行サービスというのがあります。
なので、精神的に削られることもなく、さくっと仕事を会社を辞めることができます。
私もこういうサービスは使ってみたかったです。
 
自分が辞める時は、泣く泣く上司に泣いて謝ったりしたので、本当にこのサービスを使ってみるのをおすすめします。
 
また、現在では社会もかなり変わってきて、いまだにブラック企業も多いですが、スタートアップ企業というビジョンや理念を重視した働きやすい会社も増えています。
 
なので、大手ばかりを責めるのではなくて、そういった若い力が集まる、スタートアップという企業に就職してもいいかもしれません。そこでは、イノベーティブな人が集まっっており、多種多様な人が働いています。
 
そういった会社では、育児休暇が取れやすかったり、うつ病などの病気にも寛容であるところが多いです。
なので、大手企業や有名な企業ばかりではなく、そういったスタートアップに就職してみるのもありかもしれません。また、人生をトータルで見てみると、そちらの方が幸せだと思います。
 
社畜・フリーターが一生貧乏から脱出できない理由とは?|貧乏脱出ブログ
社畜・フリーターが一生貧乏から脱出できない理由とは?貧乏から脱出して成功・自由を手に入れるためには? 貧乏から脱出する為に、プログラマーとして手に職をつける オンライン学習サイトがこちら『Udemy』とは?

まとめ

 
私たちは仕事にかなりの時間を費やします。
あんなに仕事ばかりしなければよかった、と後悔する人は、自分の仕事が好きではなかったのではないかと思ってしまいます。
 
また、困難でもやりがいのある仕事は、私たちを幸福にして満たしてくれます。
 
もし有意義な仕事なら、それはいわゆる仕事ではないかもしれませんね。
 
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
今回の参考文献はこちらになります↓
 
 
ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。
貧乏だった私が結婚する為に1年間で200万円を貯めた方法を紹介します。
結婚に至るまでの流れ~ お金を貯めるために民泊をオススメする理由 今既に自分が住んでいる所に空き部屋・スペースがある場合、お金をかけずに始めることができる。 民泊を始めると、事業に関わる色んなものを経費に組み込めるので、節税になる。 英語が話せなくても、実はあんまり問題ない。 民泊以外の副業をご紹介

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

コメント