【貯金1億→10万】ビジネスで失敗して貧乏になった男のリアルな話

失敗法則|貧乏脱出ブログ

 

あなたは人生でお金持ちだったことがありますか?

私は純資産1億以上の資産家・お金持ちではありません。

新社会人として、サラリーマンをした時に貯金した300万円が私のMAXの貯金です。

 

今回は、純資産1億円を持っていた会社の社長が、家族もいるのにビジネスに失敗して貯金10万円まで転落したエピソードについてシェアしたいと思います。

 

なぜ私がこの話をするかというと、『世の中には成功法則があり、また失敗法則もある』という事を伝えたいからです。

 

あなたはお金持ちになりたいですよね?

であれば、お金持ちがなぜ失敗して人生がどん底まで落ちていったか、という事例から学ばなければなりません。

もしこの失敗法則を理解しておかないと、あなたの人生が全て無駄になってしまいます。

断言できますが死ぬ時に後悔します。

 

成功法則も重要ですが、今回のお話はそれよりもっと重要な事だと確信していますので、ぜひ読んで頂きたいと思います。

 

ベンツを乗りまわしていた資産1億円の社長と出会う

ベンツ|貧乏脱出ブログ

高橋が自営業を始めて1年くらい経った時の事です。

お仕事のホームページ経由で、その社長からお問い合わせ頂いたのが出会いの始まりです。

 

私にコンサルティングのお仕事を頼みたいとのことで相談に乗っていました。

 

彼の名前は吉田さんというのですが、当時は資産が1億円ありベンツに乗って僕の事務所に来られたことを覚えています。

吉田さんは、ヘアサロンやホテルを経営するなどして年商1億円を稼いでいるとおっしゃっていました。

地方のお金持ちが集まるパーティに呼ばれたり、ラスベガスにカジノで1000万円つっこんだりというお話をして頂きました。

当時はこんなお金持ちもいるのだなあという印象を持っていました。

結局、数か月間でお仕事の契約は終わり、それから3年ほどは会うことはありませんでした。

そんな吉田さんから連絡があったのは、つい昨日のことです。

 

資産1億円→10万円に転落。ベンツ→軽トラック。車中泊での生活に

電話があって、「久しぶりに会わないか?」との事で、待ち合わせの場所まで行きました。

その待ち合わせの場所に行っても彼のベンツは停まっていませんでした。

ですが、停まっている1台の軽トラックをよく見ると、一瞬目を疑いましたが、紛れもなく吉田さんでした。

 

当時はベンツに高級なスーツを着ていた吉田さんが、T-シャツにサンダルでした。

 

彼は「高橋君、車の中で話そうよ」と言いました。

その軽トラに乗って、彼の身の上話を聞きました。

 

貯金10万円まで転落した吉田さんがなぜ僕を呼び出したのか、その真相とは?

吉田さん:

「結局ビジネスに失敗してね。

事業を拡大しすぎたこと、ライバルが増えたことが原因だったと思う。

でも、売り上げは激変したのに人件費は変わらずかかる。

ほんの1年で1億円あったお金も今では10万円になった。

妻と3人の子供を養わないといけないのに、どうしたらいいのか分からない。

でも高橋君、僕には新しいビジネスアイデアがあるんだ。

最後と思って、一緒にやってくれないか?

そして、そのためには30万円必要なんだ。

1年後、それを100万円にして返すから投資してくれないか?

一緒にビジネスをしてくれないか?」

 

会っていきなりですが、吉田さんは僕に話す間も与えないくらい必死に訴え続けました。

そして、僕が彼に言いました。

高橋:

「吉田さん、すいません。

僕も今貧乏でとても30万円を投資するお金もありません。

ただし、僕はあなたに投資するお金はありませんが、コンサルタントとして知識やアドバイスをあげることはできます。

コンサルティング料も最初はいりませんが、いつでも僕に相談してもらうことは可能です。

僕は吉田さんが幸せになる為に貢献したいです。」

 

私は吉田さんにそう伝えました。

そして、その後の彼の答えに私は驚きました。

 

吉田さん:

「は?

お金と、実際に俺と一緒に働く体も提供しないお前に何で俺がコンサルティング料を払わないといけないの!?

それはありえんだろ!

ていうかそもそも、高橋、お前そんな事で家族を養っていけると思ってるの?

考えが甘すぎる!

お前そんな考えじゃ絶対失敗するぞ。

俺はお前に稼がしてやりたいと思ってこの話をしてるんだぞ!

一銭も出さないようじゃお前と組む意味ないじゃないか。

ふざけんなよ!

お前本当にお金持ってないのかよ!?

後で俺に投資しておけばよかったと後悔する事になるぞ!」

 

吉田さんは期待を裏切られたと思い、いきなりキレて暴言を吐き始めました。

 

ですがその時、私は怒りを全く感じませんでした。

逆に、ものすごく悲しくなってしまったのです。

 

実際、僕は彼の気持ちがものすごく分かります。

養わなければならない家族がいるのに、貧乏で全くお金をもっていない。

この恐怖感と焦りでネガティブになり、人に辛くあたった経験も私にはあるからです。

私は相変わらず貧乏ですが、人に助けてもらってそのマインドから脱することができました。

 

ですが、今僕が彼にその方法を伝えても意味がないと思いました。

ですので、私は彼の話を聞くことに徹しました。

吉田さんはお金が無くなったと同時に、それまで付き合っていた全ての人から関係を切られてしまったのです。

根気強く話を聞いているうちに、彼も怒りが次第に抜けていき少し落ち着いてお話ができるようになりました。

 

なぜ吉田さんがビジネスで再起を図りたいのか?そこに失敗法則があった。

そこで、私は吉田さんになぜビジネスを再びしたいのか聞いてみました。

その答えです。

 

吉田さん:

「俺は金持ちだったんだ。

またあの頃に戻ってカジノに行ったり、贅沢に暮らしたりしたい。

家族にもいいものも食べさせたい。

俺には大金を稼いだ経験がある。

それに、もう50代で他にできる仕事もない。

またビジネスをやれば絶対に成功できる。

知り合いでお金持ちのOOにも俺のビジネスアイデアを話したら、絶対成功できると言っていたから大丈夫」

 

あなたは彼のビジネスをやる理由を聞いてどう思いましたか?

この吉田っていう奴と俺は違う。こんなクズから学ぶことなんて一つもない。

そう思いましたか?

ですが実際、私にご相談に来る方の大半が同じような理由です。

 

・貧乏は嫌だから

・ただ楽しいことがしたい

・豪遊したい

・家や車を買いたい

・家族を養わないといけない

・将来が不安だから

・なんとなく興味をもったから

 

これの何がいけないの?と思うかもしれませんが、この理由に共通することがあります。

それは

「他人の事は何も考えていない。自分や家族の利益だけにフォーカスしている」

いかがでしょうか?

上の理由は全て自分の事だけしか考えていません。

失敗法則と成功法則の唯一の違いとは?

 

では逆に、私が今までに会ってきた成功者のビジネスをやる理由を挙げます。

・お客様に喜んでもらいたい。

・お客様に自分の商品で幸せになってもらいたい。

・お客様の笑顔が見たい。

・従業員・ビジネスパートナーにいっぱいお金を稼いでもらいたい。

・社会がより良くなるような商品を世に提供したい。

・自分が作ったコミュニティの人と切磋琢磨して助け合いたい。

 

成功者の共通点はこれです。

『他人の幸せ・利益をまず先に考える。ただし、自己犠牲ではない。みんなが幸せになれるシステムを構築している』

 

そして、私は吉田さんに言いました。

高橋:

「ちょっと変な話になりますが、僕の人生の目的はできるだけ多くの人を幸せにすることです。

僕が行ったことで幸せになった人の数が僕の幸せの数です。

今僕は貧乏で何も持っていません。家族が裕福に暮らすことができるような収入もありません。

ですが、今僕は幸せです。

なぜなら、僕がビジネスを立ち上げて関わってきたお客様やビジネスパートナーの笑顔が心に浮かんでくるからです。

彼らの笑顔を思い出しながら死ねたら、それが僕の幸せです。

やっぱり言っていることおかしいですかね?(笑)」

 

そして、吉田さんは言いました。

 

吉田さん:

「お金が無くなってほぼ全ての人が俺から離れていったけど、一人だけ高校の同級生は今も付き合ってくれている。

そいつは叩き上げで今度社長になるのだけれど、高橋君と全く同じことを言っていた。

人の幸せが自分の幸せ。まずは人を幸せにして、その後にお金をもらう。先にお金をもらおうと考えてはならない。」

 

成功法則と失敗法則の唯一の違いは

このお話で私は失敗法則と成功法則について気付くことができました。

 

それは『他人にフォーカスするか、自分にフォーカスするか』です。

 

自己中心的な人間は、運よく成功したとしても必ず失敗します。

なぜなら、成功法則が理解できていないので、成功を再現することができないのです。

 

はっきり言って、これを理解していない人はビジネスでも人生でもロクな事がありません。

私は、今まで30年しか生きてきませんでしたが、そんな人間をゴロゴロ見てきました。

 

僕も貧乏で家族がいます。

日銭も稼がないといけません。

ですが、日銭と安定にフォーカスしていても、絶対に貧乏から脱出することはできません。

成功する為にはマクロとミクロの視点を持たなければなりません。

ミクロとは細かい一つ一つの事。

マクロとはこの先どうなるのか、どうなりたいのかという将来に関することです。

私たちの将来が明るいものになるように、この失敗法則から学んでいけたらと思います。

 

まとめ

 

・ベンツを乗りまわしていた資産1億円の社長と出会う

・資産1億円→10万円に転落。ベンツ→軽トラック。車中泊での生活に。

・貯金10万円まで転落した吉田さんがなぜ僕を呼び出したのか、その真相とは?

・なぜ吉田さんがビジネスで再起を図りたいのか?そこに失敗法則があった。

・失敗法則と成功法則の唯一の違いとは?

 

以上を見てきましたがいかがだったでしょうか?

これはフィクションではありません。

あなたも同じような話を聞いたことがあると思います。

私は、人を幸せにした数が自分の幸せであると本気で信じています。

 

だから、今回実際にあったお話をできるだけ多くの人に伝えなければと思いました。

同じように失敗した人・貧乏で苦しむ人の手助けをしたい。

新たな気づきを与えて、ビジネスや人生の方向転換を図ってもらいたい。

その一心から、今回の記事を書き上げました。

 

あなたに成功してほしい。幸せになってほしいのです。

できるだけ多くの人の心に届くことを祈ります。

それでは、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

あなたの幸せを心から祈っています。

ではまた!

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

フォローお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です