効果的なストレス解消法とは?貧乏でも簡単にできる!

ストレス解消法 貧乏エピソード
相変わらず貧乏です。
貧乏だと家族と喧嘩したり、友達に八つ当たりしたりすることがよくありますよね。
そして、修復不可能な関係に陥ってしまうことが多々あります。
 
これを防ぐためには一体どうすればいいのでしょうか?
今回は、心理学に基づく、貧乏でも簡単にできるストレス解消方法をご紹介したいと思います。
 
それは
 
エモーショナルディスクロージャー、またはメンタルライティング
 
と呼ばれるものです。
 
それでは詳しく説明していきます。
 

貧乏でもできるストレス解消法:エモーショナルディスクロージャーとは?

 
エモーショナルディスクロージャーとは
 
ストレスを感じる事態に直面したら、自分の気持ちをありのままに書き出すことです。
 
例えば、妻と貧乏でお金がないからどうするのかという風に喧嘩して、結局答えが出なくてすごく以来イライラした、または、仕事で上司から時間がないのに無茶ぶりをされてすごく疲れた、子供がご飯を食べずに、走り回りだしたので怒りが爆発してしまった。
 
このように、どんな感情でもいいので、それを包み隠さずノートにでもスマホのメモ機能でも、ツイッターにでもいいので書き出してみてください。
 
エモーショナルディスクロージャーは簡単にできますが、科学的にも効果は証明されています。
 
また、感情を書きだすことによって、自分がどんなものが好きなのか嫌いなのかといった概念を客観的に見ることができ、その自分が嫌いなことをネガティブな感情に陥った数を減らせば、あなたの人生も相対的に幸せになることができます。
 
これは当然のことですよね。
 
また、これとプラスして、ネガティブな感情やストレスだけではなくて、喜んだこと楽しかったこと、嬉しかったことなどを書いてみると、今度はこちらに、より多くの時間を使うようになれば、人生がまた更に幸せなものになります。
 

貧乏でもできるストレス解消法:スケジュール帳に書き込む!

 
私の場合は、スケジュール帳に今日行ったこと、自分の感じたことを毎日寝る前に書き、それを1~5点満点で採点しています。
 
こうすることで、自分が何に努力して時間を使っているのか、また喜びや悲しみやいった感情をどういう風に抱いているのかというのを客観的に見ることができます。
 
もちろんストレス解消にもなりますが、今後の人生をどういう風に組み立てているかという参考文献にもなります。
 
たまに寝落ちして書き忘れることもありますが、ノートを書くのに十分もいらないので、簡単に続けることができます。
 
そして、スケジュール帳はいっても1000円位なのでほとんどお金もかかりません。
 
つまり、私達貧乏人にはうってつけのストレス解消方法になります。
 

貧乏でもできるストレス解消法:まとめ

 
ぜひ、あなたもエモーショナルディスクロージャーを導入してみてストレス解消をしてモチベーションを上げて新しいことに挑戦できる環境を作って、貧乏から脱出しましょう。
 
日々の積み重ねは少し大変ですが、大きな成功を掴むためには最低でも1年、2年、3年はかかります。
長く続けていけるようにお互い頑張りましょう。
 
ちなみに、今回の参考文献はメンタリストDaigoさんの本になります。
今ならKindle Unlimited の読み放題で読むことができるのでご参考までに。
 
 
 
それでは今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。
 
貧乏のストレス発散方法10選|お金がなくてもできます。
貧乏でもできるストレス発散方法①:コーヒー、紅茶を飲む 貧乏でもできるストレス発散方法②:カラオケに行く 貧乏でもできるストレス発散方法③:瞑想する 貧乏でもできるストレス発散方法④:美味しい食事をとる 貧乏でもできるストレス発散方法⑤:友達と話す

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

コメント