海外生活で貧乏はマジで辛い…

海外移住
海外生活ももう1年、辛いです…
正直、はやく楽になりたい…
 
今回は、海外生活で辛いこと4選をお届けします。
 

1.誰もしゃべる人がいない。孤独。

 
人間が長生きする上で1番大切なのは、同僚や会社以外での友達、コミュニティーなど、自分の居場所が多くあることと、居心地が良いことであると言う研究結果があります。
 
それに比べて、私は海外で家族で暮らしています。
妻と子供はいますが、想像してみてください。
 
同じ人と24時間ずっと一緒にいると言う苦痛を。
 
日本にいたら誰か友達とつるんで夜飲みに行ったり、会社の同僚と飲みに行ったりするのかもしれません。、ですが私は友達もいませんし、そもそも、この国の言語をしゃべることができません。
 
そして、妻や子供と24時間一緒にいるとどんなことが起こるでしょうか?
 
正直、発狂します。
頭がおかしくなりそうになります。
 
もちろん、妻も素晴らしいし、子供も素晴らしいです。
 
ただし、それは適切な距離が保たれている場合にのみです。
さすがに親友でも24時間365日自宅にひきこもって一緒にいると吐き気がしてきます。
 
もうこりごりです。早く日本に帰って日本語で誰かと喋りたい。
 
もういやだ。
 

2.病気、病院が不安。

 
病気ですね。なぜか咳が止まりません。
 
日本にいた時からだったんですが、海外に来てからはさらに咳が止まりません。
 
ツベルクリンと言うのを知っていますか?
結核のことです。
 
私の知人に、結核でゴホゴホと言っている人がいます。
もしかしたらその人からうつされた可能性があります。
 
正直不安で、日本に帰ったらすぐにレントゲンを撮ってもらおうと考えています。
こちらの国では、すでに3回も入院・病院送りにされています。
 
正直食べ物も合わないし水も合わないし、家で出される料理も正直まずくて仕方がありません。
日本で住んでいるあなたは本当に幸せです。
 
今のその幸せを噛み締めてください。
 
…私に代わって。
 
刺身が食べたい、寿司が食べたい、焼き鳥が食べたい、レバ刺しが食べたい。
 
ラーメンが食べたい。
 
こんな辺鄙な国で死んでいくことになるのでしょうか。
 
黙想です。
 
咳も止まりません。
 
若干風邪をひいたようですが、これを乗り越えて日本に帰ります。
 

3. 貧乏。キャリアがない。

 
海外で生活する=キャリアから外れる=貧乏。
 
私にはもうキャリアと言うものがありません。
 
というのも、日本の会社で働いてないアラサー。
正直、終わってます。
 
人生積んでます。
 
妻・子供もいるんだぜ。
 
日本に帰ったとしてもどんな仕事があるのだろう?
どんなバイトがあるのだろう?
 
また奴隷として働く日々が始まるとしたら、正直もう死んだほうがマシです。
 
海外生活も地獄、日本の生活も地獄。
 
正直もう行き場はありません。
 
海外生活に憧れるのはいいですが、事業起こすとしても、フルタイムで先に就職先が決まっているとしてもクビになる可能性大いにあるのです。
 
というか、海外では速攻でクビになったりしますので、キャリアと言う意味から考えると本当にリスキーなので、投資家とか、ITエンジニアのフリーランスとかじゃない限り、リスクを取りに行って自爆すると言うことのないようにしましょう。
 
私はその典型で、海外生活でさらに貧乏になってしまい、これから日本に帰るしかなくなってしまいました。
 
気をつけましょう。
 

4. 日本に帰ってからどうすればいいのかわからない。

 
結局、この辛いことをネタにして生きていくしかない。
 
なぜなら、苦難や辛いことなどの経験は自分にため込んでもお金には1銭にもならないからです。
 
お金を作るとは人を幸せにすること。
 
不平不満があっても、それを一人で抱えても何の得にもなりません。
 
だから、まずはそれを書いて誰かに読んでもらわないといけない。
そして、なんかよくわからないけど共感したとか、元気もらったとか思ってもらわないと、結局ずっと貧乏のままで、一生1人で困難を抱えて生きていくしかなくなる。
 
だから、大勢でなくても、1人でも2人でもいいので、誰か同じような経験をしている人の支えになりたい。
 
そして、それが将来貧乏から脱出するための何かのきっかけになればいいと思う。
 
海外生活で、貧乏で苦しい、辛いという方、コメントください。
今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント