無職でも何とかなる世渡りサバイバル術【国の補助まとめ】|読者と共に貧乏から脱出するブログ

補助金|読者と共に貧乏から脱出するブログ
 
こんにちは。
 
貧乏のスタメンこと高橋です。
 
 
 
皆様の貧乏脱出の進行具合はいかがでしょうか?
 
少しでも余ったお金は資産を作ることにぶっ込んでいるでしょうか?
 
 
今まで、こんな感じで試行錯誤して貧乏から脱出していこうと鼓舞してきました。
 
 
 
今回は180度方向を変えて、もうどうしようもない、もうそろそろ人生詰むわあ、って絶望して自殺をしちゃって楽になろうとか頭をチラついている方の為に、徹底的に整理と対策を調べ上げてきましたので、シェアしたいと思います。
 
 
少しでも、知って良かったと思ってもらえるような情報にしていますので、ご一読ください。
 
 

・失業保険

・職業訓練校

・借金の時効

・税金の時効

・生活保護

・障害者年金

・国民年金の免除、納付猶予制度

・住宅手当緊急特別措置事業

 

 
 

失業保険

 

もうブラック企業の奴隷として働くのが限界、という方に。

 

失業保険の額

 
退職前の6か月間の給与で決まる。
 
離職前給与の5~8割。
 
基本的には90日間貰えます。
 
 
 

失業保険がもらえる条件

 

・過去2年間に1年以上雇用保険に加入している。
 
・リストラ、雇い度目の場合は6か月間雇用保険に加入している。
 
・自己都合退職の場合、失業保険はすぐに貰えずに、3か月間待たなければなりません。
 
※自分の病気におる退職や育児介護などの理由の場合はすぐに支給されます。
 
 
 

高橋のススメ

 

実際に、この高橋もブラック企業の奴隷時代は34日連勤という過酷を極める働きつぷりでしたので、一発神経・精神系の病院に受診しました。
 
 
ここが重要で、この場合は3か月間待たずに失業保険がすぐに支給されます。
 
 
 
我々ワーキングプア層はブラック企業で牛馬のごとく強制的に働かされておりますので、いとも簡単に精神がいっちゃいますから、皆様も病院に受診して診断書を貰っておくことが重要です。
 
 
また、会社での残業時間の詳細なんかはキチンと保管しておいてくださいね。
 
失業保険の申請時に、どれだけ自分が精神が病んだかハローワークの職員に訴える必要がありますから、書類、証明が必要です。
 
 
 
実際に3か月待つって、無駄ですよね。
 
 
これは重要ですので、面倒とは思わず病院にGOです。
 
 

申請に必要なもの

 
 
・写真(3 × 2.5cm)
 
・本人確認書類
 
・印鑑
 
・預金通帳
 
・離職票
 
 

手順

 
 
1.会社から雇用保険被保険者証をもらう
 
2.雇用保険被保険者離職票を2枚貰う
 
3.ハローワークに行く
 
4.失業保険の申請
 
5.受給説明会に行く
 
6.求職活動をする
 
7.ハローワークで失業状態の報告、提出
 
8.失業保険の受給
 
 
 

受給後にやること

 
 
・求職活動
 
・失業状態の認定
 
・失業保険の受給
 
このサイクルを1か月単位で繰り返す。
 
 
 

職業訓練校

 
 
失業保険を貰って3か月過ぎちゃって、求職活動してもホワイト企業に勤めれる人ってどんだけいます?
 
実際。
 
 
3か月でホワイト企業に就職できるわけねーだろ!って皆さん思われると思います。
 
 
はい。
 
 
またブラック企業で働くのとか死んだ方がマシですからね。
 
 
ってことで、職業訓練校に行きましょう!!
 
 
 

職業訓練校とは?

 

無料で知識・技術が身に付けられる。
 
 

メリット

 
・基本手当=失業保険と同じ額を貰える
 
・受講手当:受講日ごとに500円貰える
 
・通所手当:交通費がもらえる
 
・ハローワークに通わなくていい
 
・技能を身に付けることができる
 
 

デメリット

 
・バイトができない。
 
 

コースの例

 
・介護福祉士
 
・WEBサイト制作
 
・簿記
 
・医療事務
 
・宅建知識
 
・ビジネス実践科
 
・プログラミング
 
 

コースの期間

 
数か月~2年
 
 
 

受講資格

 
・受講日から遡って1年以内に職業訓練を受講してない事。
・ハローワークで求職活動中。
 
 
※個人事業主やフリーランスの方で、雇用保険に入ってない方でも求職者支援訓練を受けることが可能です!!
 
訓練期間中は月に10万円貰えます。
 
 
これは知らない人も結構多いと思います。
 
 
実際に、私も今知りました。。。
 
 
ただ、月に10万円で家族を養っていくことはできませんが、一人身だったら10万円でも十分でしょう。
 
これは虚を突かれましたね!!
 
 

手順

 
 
1.訓練のコースを選ぶ
 
2.職業訓練の説明会に参加
 
3.入学申し込み
 
・受講申込書
 
・雇用保険の受給資格証
 
・写真
 
4.選考試験
 
5.合格
 
6.受講
 
 
 
 

借金の時効

 
・病気になって働けなくてどうしよう、という方に。
 
・借金がいよいよ払えなくなってもう、首をくくるしかねえな、という方へ。
 
 

借金にも時効があるのを知ってますか???

 
・家族や友人からの借金:10年
 
・銀行や消費者金融からの借金(民事):5年
 
・奨学金:10年
 
 
 

いつからカウントするの?

 
最後に返済した日の翌日から。
 
 
 

時効の種類

 
・消滅時効
 
・取得時効
 
 

時効の中断

 
・1円でも借金を返済した場合は、債務の承認ということで時効はまた一からカウントされます。
 
・裁判所が関与する手続きに関する請求がされた時。
 
・差し押さえ、仮差押え、仮処分を行った場合。
 
 
 

流れ

 
 
1.時効期間が完了している
 
2.時効の中断がない
 
3.時効の表明(内容証明郵便)をする
 
4.時効の表明(内容証明郵便)を債権者が受け取る
 
5.時効の成立
 
 
 

債務整理=自己破産はするな!!!

 
債務整理(自己破産)って何か知ってますか??
 
 
債務整理は司法書士、弁護士を儲けさせる為の手段に過ぎません。
 
 
債務整理!!自己破産!!って弁護士の「広告」です。
 
 
だって、借金に時効があるなんて、彼らは絶対に言いませんよ。
 
 
なんでか?
 
時効があるって教えても弁護士は金が稼げないから。
 
 
 
ワーキングプアの同胞達よ。
 
債務整理=貧困ビジネスです。
 
 
我々ワーキングプア層が貧乏、貧困でヒイヒイ言ってる時でも、我々は搾取されるわけです。
 
 
いい加減、現実見ようやあ。
 
 
これが現実です。
 
 
むうう、、、
 
 
 
借金があるからと言って、命を絶つ人がどれだけ多いことか…
 
 
はっきり言いますが、借金、つまりお金ってただの人間が頭の中で考えた”概念”でしかありません。
 
 
こんなことの為に命を絶ってしまうなんて馬鹿げています。
 
 
お金なんて人生を豊かにする”ツール=道具”でしかありません。
 
 
人間はツールをうまく使って人生を楽しむことしか考えなくていいです。
 
 
ツールに”使われている人間”って異常じゃないですか??
 
 
ツールの奴隷です。
 
 
目覚ましましょう。
 
 
自己破産だけはは止めなあ。
 
 
ちなみに、借金・税金でどうしたらいいのか分からない、詳しく知りたいという方はこちらをご参考ください。
 

中小企業の資金繰り改善・自己破産させない屋

 
 
 

デメリット

 
 
・連帯保証人がいた場合、連帯保証人に取り立てられる。
 
・クレジットカードが使えない。ローンが組めない。
 
・ブラックリストから削除されるまで5~7年はかかる。
 
・特定の職業に就けない。
 
・財産の没収。
 
 
 

メリット

 
・精神的に楽になれるという妄想。
 
 
 

税金の時効

 
・所得税
 
・法人税
 
・消費税
 
・相続税
 
・贈与税
 
 

時効の期間:3年

 
申告期限内に提出した場合
 
例)
平成26年度分の所得税の確定申告を平成27年の3月にした場合、時効成立は平成30年の3月です。
 
 

時効の期間:5年

 
申告の期限に提出していない場合
 
例)
所得税で確定申告をしなかった場合。
 

時効の期間:7年

 
例)
脱税などの虚偽がある場合。
故意に申告をしなかった場合。
 
 
 

時効の中断

 
・差し押さえがあった場合。
 
・一部納税した場合。
 
 
故意に税金を払わない、という場合は脱税となり刑事罰となります。
 
 
ただし、ここで私が言いたいのは、事業で失敗して税金が払えない。借金が払えない。となる場合があった時に、我々が一番守らないといけないのは何ですか?
 
 
 
借金の返済でしょうか?
 
税金の納付でしょうか?
 
それとも「家族」でしょうか?
 
 
 
 
僕の場合は間違いなく家族です。
 
 
食わせないといけない子供がいる、病気の家族がいる、というような場合もあります。
 
 
そんな時、家族にはびた一文お金を使わずにせっせと借金・税金の返済の為に、家族を顧みないのが道徳的に良いことでしょうか?
 
 
もちろん借りたものは返す、というのは当たり前のことですが、そんなことより一番大事なのは家族です。
 
 
お金は私たちが生活する為の”ツール”でしかありません。
 
 
自覚しましょう。
 
 
 

生活保護

 
生活保護を貰うのが恥ずかしい、国の世話になりたくない、という方がいると思います。
 
 
それは間違いです。
 
我々は日本で生きているので、払っている額以上に国から様々なサービスを受けています。
 
 
国からのサービスより自分の払っている税金の方が多いという人はほとんどいません。
 
 
 
 

金額

 
2018年の10月から減額になりました。
 
 
30代夫婦と子供一人:14.5万円
 
40代夫婦と子供2人:17.6万円
 
50代単身:7.6万円
 
65歳の夫婦:11.8万円
 
 

資格

 
 
・収入がないこと(基準額以下)
 
・生活を援助してくれる家族・親戚がいない事
 
・資産がないこと(家、車)
 
 

その他メリット

 
・医療費が無料
 
・賃貸住宅の更新費がもらえる
 
・税金を払わなくていい
 
・NHKの受信料が無料
 
・地域によって水道料金が免除
 
 
 

障害者年金

 
障害者として認められた場合、以下の金額が国民年金の障害者年金として年に1度支給されます。
 
 

第一級

 
単身:97万円
 
3人家族:119万円
 
 

第二級

 
単身:78万円
 
3人家族:100万円
 
 
 
 
 

国民年金の免除、納付猶予制度

 
 
失業した。フリーランスで働いているけどワーキングプア。長年国民年金を滞納している。なんていう場合に国民年金が免除、減額、納付猶予が付く可能性があります。
 
 

必要なもの

 
・年金手帳
 
・印鑑
 
・離職票など
 
 
 

免除額

 
前年の合計所得税によります。
 
 
全額免除
 
(控除対象配偶者及び扶養親族の数+1)×35万円+22万円以下
 
4分の3免除 
 
78万円 +(A)
 
半額免除 
 
118万円 +(A)
 
4分の1免除
 
158万円 +(A)
 
 
(A)
ア. 老人扶養親族1人につき:48万円 
イ. 16歳以上23歳未満の扶養親族1人につき:63万円 
ウ. ア、イに該当しない扶養親族1人につき:38万円
 
 
※扶養親族:生計を共にしている16歳以上の親族で所得が38万円以下の者。
 
 

単身の場合

 
全額免除:57万円
 
4分の3免除:78万円
 
半額免除:118万円
 
4分の1免除:158万円
 
 

2人世帯(夫婦)の場合

 
全額免除:92万円
 
4分の3免除:118万円
 
半額免除:156万円
 
4分の1免除:196万円
 

3人世帯の場合(子供は16歳未満)

 
全額免除:127万円
 
4分の3免除:154万円
 
半額免除:194万円
 
4分の1免除:234万円
 
 
福岡市公式Webサイト「申請減免・納付猶予」
 
 
 

納付猶予制度

 
50歳未満の者。
 
 
基準となる金額は申請減免と同じです。
 
 
 

住宅手当緊急特別措置事業

 
失業等によって、住宅を失う恐れのある人、失っている人の為の住宅手当が最大で6か月間もらえます。
 
 

支給額

 
生活保護の住宅扶助基準額以内(6か月以内)
 
 
例)平成30年4月、福岡県の場合
 
1人:32,000円
 
2人:38,000円
 
3~5人:41,000円
 
 
 

受給資格

 
 
以下の要件をすべて満たす人
 
 
・2年以内に離職した人
 
・離職前に、自らの労働により賃金を得て主として生計を維持していた人
 
・就労能力および常用就職の意欲があり、公共職業安定所へ給食申し込みを行う人
 
・住宅を喪失している人、または喪失する恐れのある人
 
・原則として収入のない人(一定額稲野一時収入は可能)
 
・生計を一とする同居親族の預貯金の合計額が一定額以下
 
・国などが行う類似の貸付または給付を受けていない人
 
 
 福岡県住宅手当緊急特別措置事業
 
 
 

まとめ

 

・失業保険

・職業訓練校

・借金の時効

・税金の時効

・生活保護

・障害者年金

・国民年金の免除、納付猶予制度

・住宅手当緊急特別措置事業

以上、我らが日本国の利用できる制度・法律について見てきました。
 
もし自分が使えそうなものがあれば、すぐに役所に行って相談しましょう。
 
皆様の生活が少しでも楽になって、貧乏という概念から解放されることを祈っています。
ではまた!
 
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です