貧乏でも成功者になれる?-成功するための3つの方法-

貧乏ブログ
あなたは成功者ですか?
私は貧乏ですが成功者です。
 
なぜなら、私の中の成功者というものがしっかりとイメージできているからです。
そして、そのイメージ通りに行動しています。
 
今回は、なぜ貧乏でも成功者と言えるのか?成功者になるにはどうすればいいのかについてお伝えしたいと思います。
 

貧乏でも成功者になる方法①:ニュース、TV、親からのネガティブバイアスに気づき、自分と深く話す。

 
この世の中にはさこの世の中には様々なバイアスがかかっています。
それは、ニュースから、テレビ、YouTube、SNS、親や友達からなど様々です。
 
例えば、高級車に乗れタワーマンションに進め、ITビジネスを立ち上げて成功しろ、投資家になって不労所得を得よう!などかもしれません。そして、私達はそれに喚起されて、私もお金持ちになろう、私も成功者になろうと影響されることがほとんどです。
 
本当にそれは正しいのでしょうか。
 
私がここで伝えたいことは、実は私たちの夢や目標には、他人からのバイアスがかかっているということです。
 
それに気づいて、本当の自分のやりたいことやなりたい自分は何なのかと自問自答することです。
日本にはやりたいことがない、働きたくもないという人がいっぱいいます。
そういう人が、私は何をやっていいのか分からないという質問が多く挙げます。
 
そんなあなたのヒントになるのが、自分の過去を省みて、自分がいつ幸せを感じたか、感動したかという要素をできるだけ多く集めることです。そして、それがなければ自分で手あたり次第に探しに行くことです。
 
例えば、私の場合はホステルビジネスを持っていましたが、月に100万円利益を出そうが、企業売却の時にお金をある程度のお金を得ようが、その時には実はあまり感動したりすることはありませんでした
 
では、いつ私が感動したかというと、日々のゲストとの会話や、ありがとうと言われたり、助かったと感謝される時が最も私のが感動した時なのです。
ここから、私の喜びとは人に感謝することと、感謝されることだということがわかって、これからはそれにフォーカスして人生を捧げようと考える事が出来たのです。
 
人に感謝されるというのは、案外ぼやっとしていたり、大きなくくりですが、これが行動規範になって様々な手段を考えて行動に移すことができます。人間は感情によって行動する生き物です。
 
なので、自分の感情にしっかりと向き合うことが自分の人生を成功させる大きな要素となります。
 

貧乏でも成功者になる方法②:小さな習慣を作る

 
次に大切なことは、小さな習慣を作るということです。
なぜ習慣をつけるということが大切なのでしょうか。
 
1万時間の法則というのを聞いたことがありますか?
何かの物事に1万時間費やせば、プロの領域に達することができるというものです。
この1万時間の法則には、当てはまるものと当てはまらないものがあったりしますが、基本的には私達の職業などにも適用することができます。
 
オリンピック選手などのアスリートを見ても分かる通り、彼らは間違いなく1万時間以上の時間を費やしていますし、モーツァルトやビルゲイツといった人達も、その分野の成功者となるために1万円以上の時間を費やしていることは明らかです。
 
1万時間費やすことができるというのは、明らかに継続する力、つまり習慣化する力というのが大切になってくるのです。
 
では、どのように習慣化すればいいのでしょうか。
 
あなたにも覚えがあるかもしれませんが、努力を続けるということはかなり難しいことなのです。
日本には三日坊主という言葉があります。
それは、物事をやるぞと決めてから3日間しか続かないということわざです。
 
私もそうです。
 
1日20ページ、ロシア語の勉強をすると決めてから、それが実現した試しがありません。
では、習慣化するにはどうすればいいのかというと、まず、小さなことから始めるということです。
 
私の場合ですと、中国語を十ページ勉強するのではなくて、まずは机に座ってみることから始めたり、中国語の教科書を机の上に置いてみることから習慣化するのです。
 
つまり、できるだけ継続するための障壁を低くするということがポイントになります。
それから、中国語のテキストを毎日1ページすることから、それが2ページ、3ページとなって、2ヶ月後には習慣化が自動的に身についていることになるのです。
 
習慣化すると、自分が歯ブラシで歯を磨くようなことと同じなので、特に努力というものが必要ありません
 
これが自分の夢を叶えるための習慣化のパワーなのです。
 

貧乏でも成功者になる方法③:まるで既に夢を叶えたかのように行動・思考すること

 
三つ目が、自分が既にそれが実現化しているものとして考えることです。
 
そのためには、自分が何を持って成功者と呼べるのか、自分のことを深く掘り下げて、成功の言葉の意味を深く考える必要があります。
 
例えば、私が考える成功者とは、
 
人に感謝し、感謝される数が多い
・毎日本を読んでいたり、ニュースや記事の中でも優良な記事を取捨選択することができる
・人に伝えることができて、教育する
・適度に休みがあって、働きすぎない
家族との時間をきちんと確保する
・健康的な食事をとったり、スポーツをする
 
このように、自分のなかで成功者をクリアにイメージすることができたら、既に自分が成功者として、実際に行動してみることです。例えば、私はお金がありませんが、本にはいとまなくお金を注ぎ込みます。
 
そして、いくら仕事が忙しかろうと、しっかりと家族との時間を取るということをスケジュールに落とし込んで、自分のタイムマネジメントを行います。また、友達を変えたり、そういった自分のイメージする成功者のグループに、自分も入会してみたりして、環境を整えるのです。
 
勘違いしてはいけないのは、人間は自分の意思では行動することができません。
環境が私たちの行動をコントロールするのです。
このように、環境を変え、行動を変え、自分のマインドセットを変えることで、自分の夢をつかむことができます。
 
 

貧乏でも成功者になる方法:まとめ

 
私たちが共に豊かな稲穂を付けることを楽しみにしています。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。
貧乏で仕事がない?ブログ運営とWEBライティングが最強な理由とは?
貧乏で仕事がない?ブログとWebライティングの組み合わせは最強 素人のブログ運営は無理ゲー。Webライティングがオススメ!貧乏で仕事がない!?Webライティングで稼ぐコツ ブログを初めに作って、Webライティングの仕事をした方がいい理由とは?

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

コメント