【子供を育てるのが怖い】貧乏な夫婦こそ子育てすべき理由とは?|貧乏脱出ブログ

子育て|読者と共に貧乏から脱出するブログ
 
貧乏で苦しむ夫婦に伝えたいことがあります。
 
 
日々の生活や仕事で不安・疲れ・ストレスがピークに達していませんか?
 
 
こんな状況で子供なんて作れるのか?
子育てなんてできるのか?
 
そんな悩みを持っている方もいらっしゃると思います。
 
この高橋もまさにあなたと同じ状況で、そう思っていました。
 
 
でも、結婚1年後に子供が生まれて本当に良かったと今は思ってます。
 
 
貧乏で生活も楽ではないけれど、子供も欲しい。
 
でも、子育てが不安という方の為に、高橋家が【子供を2歳まで育ててきた過程と育児ができる事の幸せ】ついてシェアしていきたいと思います。
 
 
1.貧乏だけど、子供を育てるのにお金がかからない?
 
2.子育てのメリット・デメリット。
 
3.子育てに向けて準備するもの。アクションプラン。
 
 
 
貧乏人高橋もそうでした。
 
 
 
フリーランス・個人事業主は稼ぎも不安定だし、貯金もないし、結婚したばっかりで旅行にも行ってないの3点セットでした。
 
 
 
でも、結婚1年後に子供を産むことに決めました。
 
 
その決め手になったのが、明日死ぬとしたら子供作る or 作らない?って夫婦で話し合った結果、じゃああ子供作ろうよッツ!って。
 
(笑)
 
 
見事その1年後に子供を授かることができました。
 
 
 
金銭的な面について気になりますよね?主にかかる費用について説明します。
 
 
 

妊婦検診

自治体にもよりますが基本的に無料です。
 
私の九州の片田舎では12回まで無料だったので、実質の手出しは1万円ほどでした。
 
 

出産費用

出産にかかる費用は健康保険の適用外です。
 
 
しかし、出産育児一時金として42万円が国から支給されます。
 
 
病室は相部屋と個室から選べますが、私たちは個室を選びました。
 
 
で、出産一時金は国から病院に直接振り込まれるように設定したので、退院時の手出しは5万円でした。
 
 
これは個人の産婦人科医院です。
 
 
個室はきれいでホテルみたいでした。
 
 
食事はバランスが取れたもので、結構豪華。(笑)
 
 
個室なので、気兼ねすることなく友達・家族が来てワイワイがやがやできるので、凄くオススメです。
 
 
もし次の子供が生まれてもまた個人院の個室にします。
 
 
ちなみに、子供が生まれたら家族や友人から出産祝いが結構もらえるので、それも助かりました。
 
 

子供が生まれてから

 

子供が生まれからは月に15,000円が毎月国から支給されます。
 
 
なので、実際の子供の為の生活費っていうのはそれで相殺されると思います。
 
 
また、子供が結構風邪を引いたりして病院に行くのですが、医療費は基本的にタダです。
 
 
症状が重くて入院した事があったのですが、その時の入院代もなんと無料でした。
 
 
 
これは凄いッツ!
 
 
日本に生まれた子供は幸せだなあと思いました。
 
 
ただし、地域や条件が変わることで多少お金を出さないといけませんが、大した金額じゃないですから安心してください。
 
 
子育ての日常生活ですが、実際に2歳まで育ててきてそんなに大してお金もかからなかった。
というのが本音です。
 
 
ただ、これから小・中・高と成長するにつれてドンドンお金がかかることは間違いないですが、公立高校・国立大学に行ってもらえば、そんなに厳しい状況にはならないと思います。
 
 
というのも、僕の両親は自営業だったのですが、借金があっても我々子供3人を全員国立大学を卒業させてくれたのです。
 
もしかしたらタンス預金から学費が出たのかもしれませんが(笑)
 
 
何とかなると楽観的に考えましょう。
 

2.子育てのメリット・デメリット。

天秤|読者と共に貧乏から脱出するブログ

これ結構気になると思いますから一気に行きますッツ!
 
 

子育てのメリット

・子供がめちゃくちゃ可愛い!
 
・子供の成長を見るのが幸せ。
 
・子供がいるから我々夫婦も、もっと自由に色んな事に挑戦しようと思える。
   子供がいるから夢を諦めるって情けなくないですか?
 
・子育てが大変だからこそ、自分自身が成長できる。
 
・子育ての方が仕事より何十倍も大変だということが分かり、お母さんに感謝できる。
 
・子育てについて皆と共感することができる。雑談力アップ。
 
・家族・人生の方向性について真剣に考えるようになる。
 

子育てのデメリット

・体力を持っていかれる。
 
・もし赤ちゃんと同じ部屋で寝なければいけない場合、寝れないッツ!
 
頭のてっぺんがハゲてきた。
 
・お金も多少なりともかかる。
 可愛いから服とか靴とか買いたくなるじゃないですか!
 ただ、今はジモティーとかでタダでもらえたりする。
 
・子供が暴れるから外食ができない。楽しめない。かきこんで食べないといけない。
 
自分が自由に使える時間が無くなる。
 
・掃除が大変。
 
 
ただ、この子育てのデメリットって大体の事がお金で解決できるんですよね。
 
 
今は、貧乏だけど。
 
 
睡眠不足も、部屋が何個かある物件に住めればいい。
 
掃除も、家事代行に頼めばいい。
 
頭がハゲてきてもAGA治療すればいい。
 
自分の時間が確保できるよう、延長保育すればいい。
 
つまり、子育てのデメリットをなくすために頑張って収入を増やそう!!!っていうモチベーションアップにつながるのです!
 
 
これが真の子育てのいいところです。
 
 
もっと幸せに、楽に子育てする為に本気で貧乏から脱出しないといけない状況になる。
 
 
火事場の馬鹿力みたいなもんです。
 
 
 
ちなみに、一般的に資産家と言われる人の85%は家族持ちだというデータがあります。
 
 
独り身の方がお金が貯まり易そうにみえるのですが、そうではないんですね。
 
 
子供がいて、貧乏。この状況ヤベー。→絶対に貧乏から脱出してやるッツ!
 
 
っていう流れになるんだと思います。
 
 
だから、今貧乏で子供を産む余裕なんかない!!!
 
 
っていう人こそ子供作った方がいいと思います。
 
 
 
人間は危機的な状況に置かれた時に、なんとかしてやろう!という行動力が出てくるもんです。
 
 
だから、今までなあなあに生きてきた人も真剣に物事に取り組むことができるようになると思います。
 
 
まあ、行動して失敗したとしても、日本には生活保護という素晴らしい制度があるので大丈夫です。
 
 
ドンドン子供を作って、挑戦して失敗して我々大人も成長できます!
 
 

3.子育てに向けて準備するもの。アクションプラン。

準備|読者と共に貧乏から脱出するブログ

今まで、子育てについて話してきましたが、いかがだったでしょうか?
 
 
貧乏でも、デメリットを自分のモチベーションアップに繋げればいい、という事が分かって頂けましたら、子育てに向けて具体的に準備をしていきましょう!
 
 
子育てについての費用の件で、自治体によってサポートの内容が違うので、今自分が住んでいる市町村でどの場所が子育てに良いか情報を集めましょう。
 
 
自治体によっては、子育てについての費用をやたら援助してくれる所もあるので、場合によっては引っ越しも考えましょう。
 
 

子育て必要な物品について

貧乏で、子育てのコストを節約したいのでしたら、ジモティーがオススメです。
 
貧乏ブログージモティー
 
自分が住んでいる地域の近くで、直接会って物を買ったり売ったりできます。
 
 
私も不要な子供服を捨てるのがもったいないからということで、車に乗せて持って行き、タダであげたこともあります。
 
 
ジモティーは子供服からおもちゃとなんでも投稿されているので要チェックです。
 
メルカリは郵便での売買ですが、ジモティーは無料且つ、自分が住んでいる地域で直接取引できるのが特徴です。
 
 

快適に子育てする為にお金を稼ぐ!

 
後は、貧乏から脱出するために、今ここからスタートを切らなければなりません。
 
 
なぜなら、子育ては体力と時間を消耗するからです。
 
 
 
今のうちにブラック企業から脱出して転職するなり、副業を始めた方が良いです。
 
 
 
子育てのデメリットはお金で解決できることが多いですからね。
 
 
ちなみに、副業と言っても、無駄に時間ばっかり食われる時給制のバイトみたいなものではダメです。
 
 
 
それだと子育ても楽しめません。
 
 
【資産作り】にフォーカスしなければなりません。
 
 
資産とは何か?
 
 
お金を生み出してくれるものです。
 
 
しかも半自動的に。
 
 
子供が生まれる前に取組み始めましょう!!
 
 

 

シェアリングエコノミー|読者と共に貧乏から脱出するブログ

 
2.子育てのメリット・デメリット。
 
3.子育てに向けて準備するもの。アクションプラン。
 

貧乏だけど子育てできるか不安なんだけどどうなの?

 

ということについてシェアしてきました。

少しでもあなたの不安が取り除かれて、背中を押すことができたら幸いです。
 
 
高橋もあなたの子育てを心から応援しますので、子宝に恵まれることを祈っています。
 
 
ではまたッツ!
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です