【貧乏人の特徴】を洗い出して貧乏暇なしから脱出する|貧乏脱出ブログ

 
こんにちは。
 
 
貧乏人の代名詞こと高橋です。
 
 
前回、にほんブログ村の貧乏ランキング上位者の貧乏人の特徴について洗い出しました。
 
 
今回は我々も抱えているその問題達についてどういった対応をすればいいかまとめてみました。
 
 
どのようなマインドセットで臨めばよいか、実行すればよいか徹底的に調べましたので、貧乏で苦しむあなたとシェアしたいと思います。
 

貧乏人の特徴①:借金がある。

 

解決方法は二つあります。
 
 

1.自己破産

借金がチャラになります。
 
 
弁護士を使う場合、費用は20~80万円です。
 
 
ここで、今借金があって自己破産を考えている人に提案なのですが、自己破産する前に消費者金融から借りれるだけお金を借りまくってはどうか?
 
 
ということです。
 
 
どちらにしろ弁護士に費用を払って、借金が帳消しになるなら、その前にお金を借りまくってFXに全額つっこんで再起を図るのが良いと思います。
 
 
もし失敗しても自己破産するから問題ありません。
 
 
自己破産するデメリット
 
 
・クレジットカードが5~7年間作れない。
 
・ローンが10年間組めない。
 
・家族が連帯保証人であれば、家族に請求がいく。
 
・就ける職業に制限がかかる。(弁護士、警備員、生命保険販売員)
 
 

踏み倒す

 
踏み倒すのも最高にCoolですね。
 
 
時効について
 
・家族や友人からの借金:10年
 
・銀行や消費者金融からの借金(民事):5年
 
・奨学金:10年
 
 
この期間っていうのは、借金を払わなくなった月からカウントされます。
 
 
ですので、途中で1円でも借金を払ってしまったら再びその時点でのカウント開始になります。
 
 
これもまた、消費者金融でお金を借りまくって、その資金で海外企業して大成功。
 
 
5年後にちょっと帰ってきて、借金時効に関する書類を提出すればOK!
 
 
あと、お友達・家族から借りたお金も時効があるなんて面白いですよね。
 
 
うまく10年間ごまかして逃げ切ればOKです。
 
 
ちなみに、借金したらチンピラからの攻撃が恐ろしいって方もいらっしゃると思いますが、2018年現在は相手もムチャクチャなことはできないようになっています。
 
 
奴さんが家に来た時点で、次に家に来たら不法侵入で訴えると通告します。
 
 
で、実際に相手が2回目にきたら速攻で警察を呼べばOK!
 
 
これ友達からの取り立ても同じです。
 
 
もし不安な人は監視カメラを玄関に設置しておきましょう。
 
 
最近の監視カメラは安いですから。
 
 
いやーこいつは最高にCoolですね。
 
 
借金で悩んで自殺するやつって、こういう情報の事な~んも知らないんですよね。
 
 
可愛そう…
 
 
もし、今このブログを見られた方は、即実践してみてください。
 
 
お金・借金なんてただの人間が考えた【概念】でしかない。
 
 
そんなもんしょーもないので、そんなのに悩むのは止めましょう。
 
 
法律に則って踏み倒そうぜ!!
 

 

貧乏人の特徴②:友達から生活費の金を借りる。

 
まず初めに、友達から生活費を借りる時点で、その友達ってど~でもいい友達なんですよね。
 
 
人間、親友(本当に大切にしている友達)にはどんなことがあっても生活費でお金なんて借りないですよ。
 
 
だから、今お金借りている友達なんて切り捨て御免な人なんで、そのままでもOKです。
 
 
あんまり気にしないように。
 
 
逆に、友達からお金貸して~って言われた時点で、そいつにとってあなたはど~でもいい存在です。
 
 
なので、貸す額も返ってこなくても良い額にしておいてくださいね。まあ、高橋の場合は3000円くらいかなあ。(笑)
 

貧乏人の特徴③:バツイチ

トラブル|読者と共に貧乏から脱出するブログ
結局家庭が上手く行ってない人って、大体がビジネスも上手くいかないんですよね。
 
 
だって、お仕事中に夫からネガティブメールが大量に来てて、それを読んで仕事になるかって言ったら絶対ならないですからね。
 
 
家庭が上手くいってて、心に平安がある状態でこそ最高のパフォーマンスができます。
 
 
結果お金持ちになれると。
 
 
資産家の85%は家庭を持っているというデータがあります。
 
 
シングルの方がお金持ちになりそうですけど、実際は違います。
 
 
シングルであれば、それだけ自由ですから無駄なものにお金を使います。
 
 
なので、貧乏なのは家族のせいだ!生活費が高すぎるからだ!独り身に戻りたい!
 
 
っていうのは完全に間違っています。
 
 
家族がいるからこそお金持ちになれるのです。
 
 
あなたはラッキーです。
 
 
今、家庭が大変な状況にあるあなたは、本当に辛い状況にあると思います。
 
 
僕もそうでした。別居して車中泊をしてハゲがさらに進行したこともあります。
 
 
今は復活して最高潮ですが、あの時はホントにしんどかった…
 
 
その時の記事はこちらになりますので、ご参考に。
 
 
 
で、もう既に離婚された方は、できるだけ独り身でいた方がいいと思います。
 
 
というのも、離婚したときのことを深く後悔できない、反省できない、自分が変われない状況だと、再婚しても同じことが起こるだけだからです。
 
 
無限再婚ループです。
 
 
【結婚生活とは理想の相手を探すことではなく、理想の自分を探していくことです。】
 
 
理想の相手なんかいません。
 
 
結婚前は良く見えても、絶対に期待外れな部分が出てくるはずです。
 
 
だから、結婚は相手の成長、変化を求めるものではなくて、自分の成長、変化を求めるものなのです。
 
 
これが理解できてないと、同じ失敗を何回も何回もします。
 
 
だから、再婚はオススメしないのです。
 
 
自分自身を見つめなおしましょう。
 
 

貧乏人の特徴④:ギャンブル依存症、アルコール依存症、精神疾患。

依存症|読者と共に貧乏から脱出するブログ
最近、アルコール依存症、ギャンブル依存症、精神病の人も入院保険の項目に入っているのをご存知ですか?
 
 
つまり、入院しろってこと。
 
 
例えば、毎月3000~5000円くらい入院保険を支払っていれば毎日2万円ほど入院保険金が出ます。
 
 
そこで、治療しながらお金がもらえる。
 
 
最高・最強じゃないですか?
 
 
毎日2万円で月に60万円です。
 
 
これは保険金詐欺ではなく、実際にそのような疾患であれば適法です。
 
 

貧乏人の特徴⑤:働く気力がない。

 
これはもう生活保護貰おうよ。
 
 
だって、本当に資産もなくて仕事もなかったら日本国民は【必ず】生活保護がもらえるのです。
 
 
これは憲法です。
 
 
健康な人も、今仕事を探してるんですけど見つかるまで生活保護ください!って言ったらもらえる物なのです。
 
 
病気な人、高齢者だけのものではありません。
 
 
だから、とりあえずもらえるものは貰っとこうよ。
 
 
日本って本当にいい国ですよね。
 
 
有難いお話です。
 
 

貧乏人の特徴⑥:お金、貧乏の話が多い。

 
前回、年収3000万円の投資家とのミーティング記事を挙げました。
 
 
 
その時に、そのお金持ちはお金自体についての話はしません。
 
 
「このビジネスって面白いやろ~。どうやって運営していこうか?」みたいな。
 
 
決して、「このビジネスを始めて、最低20万円は絶対に稼がんと!家族を食わせんといかん!」
 
 
っていう話はしません。
 
 
でも、我々貧乏には完全に後者ですよね。
 
 
・家族がいるから食わせないと。
 
・絶対にこの仕事で成功しないと。
 
・明日の生活費を稼がないと。
 
・今月の出費がやばい。
 
 
【口を制するものは成功する】ってナポレオンヒルの成功哲学でも言っています。
 
 
まずは沈黙しましょう。
 
 
家計が苦しい、貯金が少ない、どうしよう?
 
 
って言いたくなっても、口に出さずに、どうやって楽しみながらお金を稼げるかっていうことについて、家庭でいつも話すように心がけましょう。
 
 
計画を立てたりするのは結構楽しいです。

 

 

貧乏人の特徴⑦:夢、趣味、熱中していることがない。

スマホ依存症ー貧乏ブログPhone
 
別に夢や趣味、やりたいことはなくても良いと思います。
 
 
じゃあ逆にやりたくない事を紙にガンガン書いてみてみましょう。
 
 
そして、どうやったら書き出したやりたくない事を実行できるか調べまくって、実行していきましょう。そうしたら、おのずと幸せになれます。
 
 
だって、やりたくない事をやらなくていいってめちゃめちゃすごくないですか?
 
 
もちろん時間はかかるかもしれませんが、始めて損することはないですよ。
 
 
僕らに失うものは何もない。
 
 
だって、いま何も持ってないんだから!(笑)
 
 

貧乏人の特徴⑧:給料・給料日のカウントをする。

 
メンタリストDaigoさんの最新の論文調査によると、給料・給料日のカウントをすると寿命が縮むそうです。
 
 
逆に、寿命が延びる方法があります。
 
 
それは札束を数えることです。
 
 
我々貧乏人が万札を揃えるのは難しいですが、千円札の束なら揃えられるはずです。
 
 
毎日札束を数えることで精神が安定するとのことです。
 
 
もし貧乏で暇な人は試してみましょう。
 
 

貧乏人の特徴⑨:プライベートのことで忙しそう。

 
貧乏暇なし。これにつきますね。
 
 
まずは、どうやったら貧乏暇なしから貧乏暇ありになるかを徹底的に考えて実行しましょう。
 
 
・しょーもないパートは辞める。
 
・単価の低いお仕事は止める。
 
・ブラック企業で働くのを辞める。
 
・そもそも働くのを止める。
 
・無駄に時間を食うSNSを止める。
 
・YouTubeを見るのを止める。
 
・AbemaTVを見るのを止める。
 
・ニコ動を見るのを止める。
 
・ゴミみたいなコンビニ弁当を食べるのを止める。
 
・無駄に時間がかかる家事を止めるために最適化する。
 
・実益がないことは止める。
 
 

まとめ

 
貧乏人の特徴①:借金がある。
 
貧乏人の特徴②:友達から生活費の金を借りる。
 
貧乏人の特徴③:バツイチ
 
貧乏人の特徴④:ギャンブル依存症、アルコール依存症、精神疾患。
 
貧乏人の特徴⑤:働く気力がない。
 
貧乏人の特徴⑥:お金、貧乏の話が多い。
 
貧乏人の特徴⑦:夢、趣味、熱中していることがない。
 
貧乏人の特徴⑧:給料・給料日のカウントをする。
 
貧乏人の特徴⑨:プライベートのことで忙しそう。
 
 
以上について見てきましたがいかがだったでしょうか?今回は貧乏人の特徴と解決方法についてでした。
 
 
また、別の記事ではお金もちについての記事もアップしていますので、ご参考にしてください。
 
 
 
 
もう貧乏暇なしで疲れ切っていて気力も体力も残り少ない僕らですが、なんとか貧乏から脱出できるように残りの気力を振り絞ってやり切りましょう。
 
 
それでは、今日も一日、ハッスルハッスル!!
 

 

ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です