お金持ちになりたい人が身に付けるべき習慣・法則【まとめ】|貧乏から脱出するブログ

本|貧乏から脱出するブログ
 
こんにちは。
 
 
 
生活ギリギリCHOPの高橋です。
 
 
なんか前にトマ・ピケティの21世紀の資本っていう本が話題になっていましたね。
 
実際、本の方は難しくてあんまり理解できなかったんです
 
 
で、これの要約を読んで結局言いたいことは、資本主義って貧乏人は貧乏なまま、金持ちは更に金持ちになるっていうことみたいです。
 
 
 
むう。。。貧乏人、高橋、無念です。。
 
 
っておい、まだまだ諦めちゃあいかんですぞ。
 
 
まだアラサーなのに!
 
 
ここで諦めたらそこで試合終了でしょう。
 
よしPKだ!PK!
 
 
とにかく、Rの住人になればいいんでしょ。Rの住人に。
(Rの住人:資産家)
 
 
資産家ってつまり、株式・不動産・投資信託等で不労所得を持つ者。
 
 
じゃあ、なんか手っ取り早く資産家になる方法はねえのかよ。
 
って思われる読者さんもいらっしゃると思います。
 
 
この高橋もそんな道しるべや法則があれば知りてえよ。
 
ってことで、いつも通り徹底的に、お金持ちが従っている法則を根掘り葉掘り調べ上げたので、読者の皆様と共にシェアしてみたいと思います。
 
 
では、ガンガン行きましょう!
 
 
1.5:1:4の法則
2.引き寄せの法則
3.パーキンソンの法則
 
 

1.5:1:4の法則

 
5:貯蓄、投資
 
1:社会貢献
 
4:生活費
 
例えばお給料を100万円もらうとした場合、50万円を貯蓄、投資に。
 
10万円を社会貢献、寄付に。
 
40万円を生活費に充てるという法則です。
 
 
貯蓄とはまさに銀行にお金を預けておくってことですね。
 
 
投資ですが、投資って言っても全部投資案件にお金を突っ込むって言うんじゃなくて、自分自身の経験値を積むためのセミナーだったり、本を買ったり、視野を広げるための海外旅行なんかも”投資”に含まれます。
 

社会貢献、寄付って日本人にはあんまり馴染みがないかもしれませんが、西洋諸国はよくチャリティーなんかで、儲けたお金を社会に還元しています。

自分が入っている宗教団体に寄付をしてもいいし、NPO、NGO団体、クラウドファンディングなんかに寄付してみるのも良いかもしれません。

 

ビジネスでお金を稼ぐっていうのはもちろんですが、その儲けたお金で人から感謝される、社会の役に立っているという付加価値がさらにお金を稼ぐ原動力になるのです。
 
 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 
 
また、実際に我々ワーキングプアは生活費に80%、90%のお金を費やしているっていうのが現状なのではないでしょうか。
 
 
このお金を使い方を実践しない限りは貧乏人のままなので、今月の給料日からは5:1:4の法則を実践してみましょう。
 
また、どうしてもこの比率を変えることができないといわれる方は副業をする、転職をするということも考慮しなければなりません。
 
 

高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

 
 
 

2.引き寄せの法則

 
これは結構有名ですよね。
 
自分が願ったものが手に入りやすくなる、というものです。
 
 
至って単純です。
 
ただし、ここで気を付けなければならないことは、”具体的”に願うことが大事だということです。
 
 
つまり、お金持ちになりたい、貧乏から抜け出したい、という漠然とした願いは叶いにくいということです。
 
 
何故かというと、引き寄せの法則はイメージを具現化することに他なりません。
 
なのでお金持ちになりたい、貧乏から抜け出したいといっても、自分の中で実際にいくら貯蓄があれば貧乏から抜け出したと言えるのかクリアにしておかなければなりません。
 
 
私の場合、安定を手に入れるために、月に5万円働かずともお金が手に入ることが願望です。
 
これを実現するために、今自分が持っている状況、知識、経験で実現できる方法がないか”常にアンテナを張り”、模索して実践することが、引き寄せの法則の利用だと考えています。
 
 
例えば、皆様も自分が興味がある分野があれば、それがどのようにお金に結び付くか本を読んだり、セミナーに参加する、コンサルティングをお願いする、実際にその道のプロに話を聞きに直接会いに行く、という行動を取る必要があります。
 
 
また、もし興味があること自体がないという方は、まず自分自身について深く掘り下げてください。
 
 
”自己分析”ってやつですね。
 
自己分析は就活の時だけに使うものではありません。
 
 
自分の得意、不得意が分からないと人生損することになります。
 
 
なぜなら、自分が得意な分野にエネルギーを一点集中し、不得意なことは家族やチーム、協力業者にお願いすればいいのです。
 
しかも、自分が不得意な事はやっててストレスが溜まるだけのでオススメできません。
 
 
皆さんも自分の願いや目標を明確にして、それについていつもアンテナを張り、”引き寄せる”ことを意識しておきましょう。
 
 

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!

 
 
 

3.パーキンソンの法則

 
第1法則
 
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
 
第2法則
 
支出の額は、収入の額に達するまで膨張する
 
 
参照:英国のシリル・ノースコート・パーキンソンの著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』
 
 
第1法則についてです。
 
我々貧乏人が早く貧乏から脱出したいなあ、・・・。
 
とただ願っているだけでは、その願いを達成することは死ぬまでない。
ということですね。
 
なぜなら、そこには達成されるまでの期間を自分が設定していないからです。
 
 
私の場合、3か月でアフィリエイトブログで月5万円を稼ぐという目標に向かって作業しており、あと2か月しかありません。
 
なおかつ、今現在は収入10円というとんでもない結果であり、この2か月の間で膨大な量の作業をこなさないといけないのが目に見えて分かります。
 
 
とりあえず、その5万円を到達するにはどうすればいいか調べ上げたところ、記事を100個作るということが分かり、その具体的な目標をこの2か月で死に物狂いで達成する予定です。
 
 
 
例えば、皆さんも1年後までに100万円貯金して、その100万円で株式投資を始める。
 
2年後までに株式投資で稼いだお金を使って不動産投資を始めて月に10万円入ってくるシステムを作る。
 
みたいな具体的な期間を設けたプランを持つことが大事です。
 
 
 
第2法則についてです。
 
上記の5:1:4の法則を応用しなければなりません。
 
つまり、給料が入ったら、この50%の投資、10%の寄付は固定費としてまず使い、その残った40%で生活するという意識を頭に叩き込まなけばなりません。
 
まず生活費ではなく、最後に生活費としていることがポイントです。
 
 
その為には、日々の生活費の使い方を見直し、改善する必要が出てきます。
 
とにかく、ここからやっていきましょう。
 
 
副業や本業でお金を増やすというのは速攻ではできませんので、まずはお金持ちの法則・マインドセットを身に付けましょう。
 
 

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

 
 

まとめ

 
1.5:1:4の法則
2.引き寄せの法則
3.パーキンソンの法則
 
以上3つの法則を見てきましたが、いかがだったでしょうか?
 
今からの行動にこの3つの法則を当てはめて考えれば、きっと今までよりも良い結果が出てくると思います。
 
時間はかかると思いますが、共に貧乏から脱出するために地道に作業を頑張っていきましょう。
 
ではまた!
 
 
ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になりますよ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です