知らないと損!お金をかけずに貧乏から脱出する方法「一流の頭脳」を作るには

一流の頭脳|貧乏脱出ブログ

 

科学的エビデンスに基づき

「IQ・集中力・やる気・記憶力・創造性・長寿・疲労感など全てのパフォーマンスを強化する」

そんなあらゆる能力を最大化する方法があるのでしょうか?

実はあるのです。お金もかからないシンプルな方法が。

それは『週3回以上、朝方に30~40分間ランニングをする』

 

これだけです。

え?これだけ?と思うなかれ。

有酸素運動を生活に取り入れるだけで、我々人間に上記の全ての効能が得られるのです。

 

「一流の頭脳」が紹介する項目を7つにまとめると、以下のようになります。

 

・賢く「ストレス」を解消してあらゆる能力の基礎値を上げる。

・「集中力」を効率よく高めて成果を最大化する。

・精神論一切なし!「モチベーション」の最新研究

・「天才的なひらめき」を確実に、何度も起こす

・「子供の学力」と「自分のIQ」を驚くほど伸ばす

・科学が「もっとも信頼できる」とした方法で「覚える」

・健康な脳と身体を保つ「長生き」の新常識

 

著者:アンダース・ハンセン

精神科医。

スウェーデンのストックホルム出身。

カロリンスカ研究所にて医学を、ストックホルム商科大学にて企業経営を修めた。

現在は、精神科病院に上級医師として勤務するかたわら、多数の記事の執筆を行っている。

これまでの著書で、健康の処方箋は8か国で出版されている。

 

ここからは、「一流の頭脳」の内容をまとめて紹介します。

 

私たち人類は1万2000年前からほとんど変わってない

狩猟|貧乏脱出ブログ

原子の時代から私たち人間の構造は変わっていません。

そして、人類はその長い歴史の中で狩猟生活が主な仕事だったのです。

しかし、生活習慣はここ100年間で劇的に変わりました。

デスクワークで、オフィスや家に閉じこもって過ごすことが多くなりましたが、我々の身体は狩猟生活に適した構造をしているので、獲物を取る過程で脳が活発に動くようにできています。

ということは、今の働き方だと脳の活性化ではなく、退化する方向へと向かって行くのです。

アルツハイマー病や認知症、うつ病などはその最たるものです。

これを改善する為に、「運動」を取り入れることが大切だと本書では語っています。

 

運動をしないと一生貧乏なまま?

運動をしない事によってどういった悪影響が出るのかまとめてみました。

 

・ストレスが溜まる

・脳が日々委縮していく。新しい脳内細胞が生まれない。

・緊張しやすくなる

・イライラして物覚えが悪くなる

・集中力が不足する

・自制心が弱まる

・意欲が湧かなくなる

・病気になりやすくなる

・老けやすくなる

 

など人間にとって様々な悪影響が及ぼされると、科学的な証拠を用いて説明されています。

 

実際に有酸素運動を取り入れてみた結果

ランニング|貧乏脱出ブログ

私も早速本を閉じてランニングを始めてみましたが、ハッキリ言ってその効果は絶大です!

今はランニングを始めて3か月ですが、最初は週に2回から始めて徐々に回数を増やしていきました。

そして、週に4回と回数を増やすことによって、自分の身体に大きな違いが表れ始めました。

 

まず、不安やストレスといったものを前よりも感じにくくなり、今は精神的に楽です。

そして、前は一日0.5冊ほどしか本が読めませんでしたが、今は1日2冊の本を読めるようになりました。

また、不安やストレスがなくなったおかげかもしれませんが、いつもリラックスした状態でいるせいか、ビジネスアイデアもよく出てくるようになりました。

これは当然の結果かもしれませんが、体重が5キロ落ちました。

そして、健康診断の血液検査があったのですが、γ-GDPといった肝臓の機能の値が改善されていました。

これは何故かというと、ストレスが溜まっていると必然的にお酒に手が出てしまいがちですが、お酒に頼らなくても良い状態になったからかもしれません。

こうして、客観的に見てみるとランニングの効果は物凄いことが分かります。

 

運動を3か月間継続して、1週間やめてみた結果

いつも週4で運動していますが3か月の運動継続後、1週間自ら実験台となって運動をやめてみました。

 

 【結果】

・やる気低下

・暴飲暴食

・体重増加

・お酒をガンガン

・不安と悩みに敏感になる

・生活リズムの乱れ

・作業量の低下

 

まさに絶不調でした。

やはり、運動をすることが貧乏脱出の近道であることを再確認しました。

 

まとめ

・ストレスを解消したい

・集中力高めたい

・モチベーションを高めたい

・天才的なひらめきが欲しい

・学力とIQ伸ばしたい

・長生きしたい

 

といった望みにおいて、それぞれ最も効率的な運動が少しずつ違うため、本書を読んで頂いてピンポイントに学んでいただければと思います。

また、多くのお金持ちは運動を生活に取り入れることによって、さらに良いパフォーマンスを発揮していることが理解できました。

これを貧乏から脱出して幸せになりたい!と思われるあなたが取り入れない理由はありませんよね。

ぜひ、今すぐに本を閉じて運動を始めてもらいたいと思います。

 

それでは、楽しい運動ライフを習慣化しましょう。

ではまた!

 

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です