生活保護は親族にバレる?扶養照会回答の手紙を公開します。

生活保護
mohamed_hassan / Pixabay

こんばんは。

家族3人で生活保護を受けています、高橋です。

さて、あまりにも貧乏でどうしよう…

病院に行くお金もない…

 

でも、生活保護に頼って誰かにバレたらどうしよう…

 

そう悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私もその一人でした。

 

ですが、妻の腰痛がヒドく、病院にかかりたいという事だったので、これはもう生活保護を受給するしかない、と決断いたしました。

(※生活保護は基本的に病院代がタダ)

ということで、今回は生活保護を申請する中でも一番のネック【親や親族にバレる?】【親族に送られる扶養照会の手紙】についてご説明させていただきます。

生活保護は親族、親にバレる!?

まず初めに、生活保護の受給申請に際して、扶養照会ということで【三親等内の親族には、手紙が行く可能性がある】のです。

ここでポイントなのが、「手紙が行く可能性がある」という点です。

 

つまり、「扶養照会の手紙が親族にはいかない可能性」もあります。

 

実際に、私の場合、生活保護の扶養照会の手紙が届いたのは両親だけだと考えられます。

 

というのも、私には兄弟がいて仲が良いのですが、生活保護の扶養照会の手紙については一切口にしていません。

 

また、親族に関して、つい先日も父の妹に合ったばかりで親族もそんなに仲が悪いわけではありません。

つまり、「さすがに生活保護の手紙を受け取ったとしたら、私に連絡を入れるだろう」と考えられるからです。

 

ちなみに両親は、「おまえ大丈夫か?」と心配されましたが、これまでもかなり借りがあるので、これ以上お金をせびるわけにもいきませんし、そもそもお金もないのでしょう。

 

ということで、ここでは生活保護の申請の際の、「親や親族に生活保護がバレるかどうか?」についてご説明しました。

【親族に送られる扶養照会の手紙】

ここからは、生活保護の申請に関して、実際に「親族に送られる扶養照会の手紙の内容」を大公開したいと思います。

生活保護の申請、扶養照会の手紙内容1

まず、一枚目からですが、「福祉事務所からのお願い」という文言で始まります。

とにかく、「あんたの親戚がお金に困っているから支援できますか?」という内容です。

生活保護の申請、扶養照会の手紙内容2

次の項目で、あなたは「金銭面以外の精神面でのサポートはできますか?」というものです。

ここでも、すかさず「いいえ」です。

 

世の中非常なもんです。

 

生活保護の申請、扶養照会の手紙内容3

最後に、「手紙を受け取った本人の資産状況の確認」になります。

 

正直、お金を払わないのに、こんなもんを正確に書いて送る奴なんているんですかね?

「人ん家の資産状況を勝手に教えるわけねえだろ。」

 

それも役人に。

 

みんなタンス預金してるに決まってるだろ。

 

という事で、生活保護の申請に関する、扶養照会回答の手紙の内容に関しては以上になります。

まとめ

生活保護の申請、正直面倒ですよね。

特に「親や親族にバレるのが嫌だから、恥さらしになりたくないから生活保護を申請しない」という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、実際には生活保護の扶養照会の手紙は、親だけにしか行かないケースもあるよ!という実例をご紹介しました。

 

また、生活保護の扶養照会の手紙の内容についても公開しましたが、「結局アンタは親戚のためにお金を支援するの?しないの?精神面に支援するの?しないの?」という内容でしたね。

 

生活保護を受給する事が恥ずかしい、という気持ちが湧いてくるのは致し方ない事です。

ですが、今ここで生活保護を受給しないと、結果的に「直面している困難から逃げているだけ」になるのです。

 

ここは、「日本の国民の皆様に感謝しつつ、将来絶対に恩返しをしよう!!」ということで、みんなが幸せになった方が良いのではないでしょうか?

 

生活保護は、私たちの人生を守るために、挑戦して失敗しても生活最低限度は保証される、という世界中でも類をみないほど素晴らしい制度です。

ただ怠けるのではなく、日本が良くなるように挑戦する人の背中を押す制度、として普及することを願っています

それでは、また。

3人家族、生活保護を申請してきた【流れ解説】
頭では、生活保護を受けて楽になった方がいいというのは重々分かっています。なぜなら、貧乏でお金がないので、まともに病院にも行けていないからです。 貧乏家族の現状です。子供は4歳で、保育園に通っています。私と妻はと言いますと、夫婦ともアルバイトを週4日間行っております

コメント

タイトルとURLをコピーしました