【島田紳助の伝説のNSC講義】貧乏脱出の成功法則がとにかく凄い!

島田紳助|読者と共に貧乏から脱出するブログ

 

貧乏で辛い、新しい事に挑戦したいけどなかなか始められたい、続かない…と悩んでいるあなたに伝えたいことがあります。それは『行動もしない、ただがむしゃらに頑張るだけだと絶対に失敗するよ』という事です。

 

本当に成功したいのなら、一番初めの方向性を正しく決めることが非常に大事です。

ここを疎かにしていると、あなたの人生の全ての努力が無意味なものとなってしまいます。

なので、今回の動画で正しい出発の仕方を共有出来たらと思います。

 

島田紳助が引退直前に行った講義について

島田紳助は昔よくテレビに出ていましたが、ヤクザがらみの件で引退しましたよね。

この動画は、彼が引退する直前にNSCの若手に向けて行った講義です。

 

始めに言っておきますが、この講義の内容はメチャメチャ濃いです。

 

最近のYoutube動画で、レペゼン地球の社長の動画も濃かったですが、こちらも負けず劣らずです。

 

この動画は芸人に向けたものですが、自分が所属する分野において、人生においても非常に重要ですので、見ないと損をすることになります。

 

動画は1時間30分ほどあって長いですが、必見です。

 

この記事では、私が貧乏から脱出する為にどうやって応用するのか、についてシンプルにまとめていますので、時間がない方はチェックしてみてください。

 

 

島田紳助 (1)|貧乏脱出ブログ

島田紳助が成功する為にやった事

それでは、本題に入ります。

 

  1. 成功する為の教科書を作る。
  2. 成功する為に必要なパートナーを探す。仲の良い友達ではない。
  3. パートナーを教育する。長い時間をかけて価値観を合わせていく。
  4. 実践し、商品を作り上げていく。
  5. ライバルを分析する。勝てない戦いはしない。戦わなかったら、引き分けだとごまかせる。
  6. 必要以上の練習は絶対にしない。時間を無駄にしない。
  7. 世の中に自分を合わせて変化し続ける。
  8. 長い期間取り組む中で、最初に教科書で定めたターゲットを変えずに突き詰める。ターゲットを変えて楽をしようとしてはいけない。
  9. 教科書の目標・理想を達成する。
  10. 自分の能力が衰えてくる。
  11. 絶対に勝てない相手が出てきたときには、固執せずにきっぱり辞める。
  12. 新しい分野にチャレンジする。この繰り返し。

 

成功する為の教科書とは?

  1. その分野で売れてきた人や物の歴史を分析する。
  2. その分野で自分が面白いと思う人の分析をする。紙に書きだす。
  3. なぜ面白いのか、そのパターンを見つける。
  4. 自分の客となるターゲットを絞る。ターゲット以外は無視してもいい。自分の状況に近い人をターゲットにすると楽。
  5. ライバルを分析する。
  6. 面白いけど自分ができるもの、且つライバルがいないものを見つける。面白いけどできないものは初めからやらない。
  7. 自分がどういう商品を作るのか考える。自分が凄いと思う人をパクるのが楽。パクるのも商品をパクるのではなく、システムをパクる。
  8. 成功の方程式:X+Y=成功

 

X=自分ができる事。Y=時代の流れ(過去の変化と、5年後や10年後の未来)

XとY理解し、自分の方向性を決めて初めて行動に移す。

 

なぜ成功しても一発屋で終わるのか?

成功のたまたまはあるけれど、基本的に2,3年で消えていきます。

その大きな理由は、なぜ自分が売れたのか分からないし、成功法則が分かっていません。

 

また、世間にとって真新しい存在であり、たまたまXとYがその時代に合致して成功したというパターンです。

ですが、Y=時代が変化するのに対抗できない。X=自分自身について理解できてないので、結局消えていきます。

 

自分より上手いライバルとは絶対に戦ってはいけない理由

才能がある人は初めから上手い。そんな人に努力で勝とうとしてはダメです。

では、どうすればいいのか?

 

・自分の得意とする土俵を見つける。

・絶対にライバルとなる人の土俵では戦わない。

・戦う機会からは逃げる。

 

逃げることは恥ではありません。

戦いに負けることで、世間の評判がガタ落ちします。

だから、負けると分かっている戦いからは勇気をもって逃げましょう。

 

商品を売る、人に何かを伝えるには?

『上手い』よりも『感情』の方が伝わりやすいです。

感情で相手に伝えるには、心で記憶しないといけません。

 

また、お客様は感情の変化を楽しみます。

ですから、聞きながら相手にイメージを浮かばせる、映像を投影させる事ができれば強いです。

 

人にイメージを投影させるためには、頭で事柄を記憶してはいけません。

心で記憶するのです。

心で記憶するには、感情豊かになり興味を持って、その事柄を好きにならなければなりません。

 

 

自分が好きな物は、人にも勧め易いですし売りやすいですよね?

だから、自分の感受性を豊かにするのが大事なのです。

 

感受性を豊かにするには、色んな事に挑戦して失敗すると、人の辛さや悩みにも共感できるようになる。できるだけ、自分とは違う人間の話を興味を持って聞くようにしましょう。

 

自分が賢い人間だと思わせるには?

1つの分野につき一個ずつ勉強する。

その1つは誰もが知っていることではいけません。

え?それ何?聞いたことがない、と思われるような事柄を一つだけ深く掘り下げて勉強する。

 

それを人に伝えると、この人は物知りだな、賢いなと思われるようになります。

 

決して全て知る必要はありません。

また、こんな詳しいのに、何でその他一般的な事が分からないの?

 

という疑問を投げかけられたら、それを否定する屁理屈も持ち、論理を持つことが大事です。

そうすると、なるほどこの人はこういう理論を持っているからか、と納得しやすい。

そして、知っていることしか喋らないのが鉄則です。

賢い必要はない。賢いと思われればいい。

 

商品のその先とは?自分のブランド化。

最終的には、売る本人が面白いと思わせなければなりません。

なぜならネタや商品で面白いものを作り続けるのは至難の業だからです。

 

事業を立ち上げ色んな経験をする中で、最終的には自分自身をブランド化させるしかありません。

自分をブランド化せると、コラボしたいという企業が集まる為、自分の資金を投入せずともお金を稼ぐことができます。

 

シャネルが服だけでなく、化粧品や、インテリア、ホテルなんかとコラボするのもブランドの力が強いからです。

 

最終的に。自分のノウハウをパクられない為に。

自分が研究して見出した成功法則・教科書を誰にも話してはいけません。

友達だと思っていた人からも普通にパクられます。

友情関係もガタガタになります。

 

人にノウハウを教えていい時は、今回の島田紳助さんのようにその業界からいなくなる時、コンサルタントとしてお金を頂く時だけです。

 

人を幸せにする対価としてお金を貰うことは当然ですので、積極的に人を幸せにしていきましょう。

その分自分の幸福度も高まります。

 

まとめ

・島田紳助が引退直前に行った講義について

・島田紳助が成功する為にやった事

・成功する為の教科書とは?

・なぜ成功しても一発屋で終わるのか?

・自分より上手いライバルとは絶対に戦ってはいけない理由

・商品を売る、人に何かを伝えるには?

・自分が賢い人間だと思わせるには?

・商品のその先とは?自分のブランド化。

・最終的に。自分のノウハウをパクられない為に。

 

成功する為のノウハウがかなり詰まった内容でした。

ただし、成功できるかどうかはこれを自分の事として実行できるかどうか。

時間はかかるでしょうが、人生を無駄にしない為にも必ず以上の事を今すぐに実践してください。

 

今すぐです。

 

貧乏で辛い状況にあるならなおさらです。

あなたなら絶対に夢や目標を達成できます。

 

人から馬鹿にされたり、絶対無理と言われたりしてもノイズキャンセリングしましょう。

ドリームキラーとは距離を取りできるだけ関わらないように。

 

僕はあなたを応援し続けます。

人の幸せに為に、自分のコンテンツを提供していきましょう。

それではまた!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です