ブロガーは投資家?【サイトM&A】でプロブロガーに一瞬でなる方法

サイトM&A3|貧乏脱出ブログ

 

タカハシ@物乞いプロガーです。

今回は、ツイッター界に彗星のごとく現れたKUMAP氏のツイートからインスピレーションを受けたので、それを記事にしたいと思います。

 

まず初めにサイトM&Aって何?ということですが、単純に自分が作ったウェブサイトを売り買いすることです。

 

ビジネスのM&Aは会社の売り買いですが、こちらは個人ブログやアフィリエイトサイトが対象になります。

 

それでは、今回はトピックを3つに分けてみていきたいと思います。

 

✔そもそも何でサイトM&Aをする必要があるの?投資家脳でビジネスを構築する。

 

✔サイトM&A3社をご紹介。

 

✔サイトM&Aのメリット・デメリット

 

そもそも何でサイトM&Aをする必要があるの?投資家脳でビジネスを構築する。

そもそも、お金を稼ぎたくてブログを始めたんですよね?

ということは、基本的にブログもビジネスです。

 

もちろん趣味で始めたという人もいらっしゃいますが、基本は副業として始める方が多いかと思われます。

 

何が言いたいかというと、ブログもビジネスとしてしっかりと戦略を立ててサイトを構築しなければならないという事です。

 

つまり、立ち上げ→収益化→売却。

 

単純にこの流れです。

 

もちろん自分で立ち上げたビジネスを長期間保有するのもいいですが、シリコンバレーのIT企業を見ても、彼らはサービスを立ち上げた後、大企業に事業を売り巨万の富を手に入れています。

いわゆるバイアウトというやつです。

 

私たちブロガーも同じように考えなければなりません。

なぜなら、我々もブロガーでありビジネスマンだからです。

 

また、私たちは同時に投資家でもあります。

自分の健康・美容・ビジネススキル・幸せの為にお金と時間を自分自身に投資しています。

 

投資の基本は『安く買って高く売る』です。

 

読書をして知識を蓄えて、その知識を会社の収益活動につなげます。

安いジャンクフードを買わずに、少し高めの有機野菜を買って自分の健康の為に投資します。

安く家を買って、バブルの時に高く売ります。

 

このような投資活動を私たちはいつもしています。

ブログも同じです。

 

・自分のウェブサイトを安く作って、高く売る。

・他人のウェブサイトを安く買って、高く売る。

これが投資家としてのブログ活用術になります。

 

サイトM&Aのメリット・デメリット

それでは、サイトM&Aのメリット・デメリットをみていきたいと思います。

 

サイトM&Aのメリット

・サイトを売る場合、一度にキャッシュが入ってくる。

・売却後はサイトを更新しなくていいので、労力がかからない。

・サイトを買うことで、ブログ初心者は最初から収益サイトを保有することができる。

・安くサイトを買って、高く売ることができる。

 

 

サイトM&Aのデメリット

・不労所得が入ってこなくなる。

・サイトを買う時は、グーグルの検索順位が下がったりするリスクがある。

・サイトを売る時に、情報だけ持っていかれるリスクがある。

・サイトを買った時と同じように、儲かる運営ができないリスク。

・サイトを売却する際に手間がかかる。

サイトM&A3社をご紹介。

 

サイトストック

sitestock|貧乏脱出ブログ

売却する場合

直接交渉

手数料: 成約額の3%(最低手数料50,000円)

仲介交渉

手数料: 売買価格の10% + 10万円

 

 

購入する場合

直接交渉

手数料: 成約額の3%(最低手数料50,000円)

仲介交渉

手数料: 売買価格の5% + 10万円

 

特徴

個人アフィリエイトの売買や小規模WEBサイトの売買中心。

取扱件数が多い。

非公開案件を多数保有。

VC・証券会社への紹介も可。

 

サイトキャッチャー

サイトキャッチャー|貧乏脱出ブログ

売却する場合

直接交渉

手数料: 成約額の3%(最低手数料50,000円)

仲介交渉

手数料: 売買価格の5~10% + 10万円

 

購入する場合

直接交渉

手数料: 成約額の3%(最低手数料50,000円)

仲介交渉

手数料: 売買価格の5~10% + 10万円

 

特徴

日本初のサイト売買サービス。

売却サイトの登録数が日本一。

個別の契約条件にあった契約書を行政書士が無料で作成する。

 

サイト売買Z

サイト売買Z|貧乏脱出ブログ

売却する場合

直接交渉

直接交渉サービスなし。

仲介交渉

手数料: 売買価格の3%

 

購入する場合

直接交渉

直接交渉サービスなし。

仲介交渉

手数料: 売買価格の3~10%

 

特徴

Bitcoin(ビットコイン)を使って仲介手数料の支払いが行える。

20~300万円の小規模サイトが中心。

 

ウェブサイトの売却を検討するなら【サイト売買Z】

 

まとめ

✔そもそも何でサイトM&Aをする必要があるの?投資家脳でビジネスを構築する。

 

✔サイトM&A3社をご紹介。

 

✔サイトM&Aのメリット・デメリット

 

以上についてシェアしてきましたがいかがだったでしょうか?

 

ブログの出口戦略をしっかり考えてこそのビジネスです。

 

安くサイト買って、自分で改良して高く売っても良し。

自分でブログサイトを作って、高額でバイアウトするのも良し。

 

プロブロガーとしてあなたが活躍することを期待しています。

それでは、また!

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

ぜひフォローお願いします。また、ブログが有益と思われた方はNOTEとポルカから、ぜひ献金もお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です