smartalkで海外から発信できない!?無料アプリ「VPNネコ」で解決する。

VPNネコ|貧乏脱出ブログ 海外移住

タカハシ@物乞いプロガーです。

 

海外移住、海外旅行の際に、緊急の用事で日本に電話しなきゃならない!というようなことはありませんか?

 

私は、海外でちょっとした手術をしてしまって、クレジットカード付帯の海外傷病保険を申請しなければなりませんでした。

そこで、クレジトットカード会社のホームページにいくと、そこに載ってあるのは【電話番号】のみ。

メールで対応できないのかよ!?

と思ったのですが、

 

『Smartalkを使うことで、海外から日本の電話番号に電話する事ができる』

 

という事を知りました。

 

SmartalkとはIP電話のことで、分かりやすく言えばスカイプみたいなものです。

そして、さっそくSmartalkに登録して日本に向けて電話を掛けたのはいいものの、

【エラー】の文字が…

 

どうなっとんねん!?

と、Smartalkのホームページを見たら、『全ての国から日本にかけられるわけではない』との事だったのです。

 

ですが、今回はその解決方法をシェアしたいと思います。

それは、

 

『VPNネコという無料アプリを使う』

 

です。

 

VPNネコをダウンロードして簡単な設定を一分ほどすれば直ぐに日本に電話できます。

それでは、その説明をしていきたいと思います。

無料アプリVPNネコとは?

 

VPNネコとは、永久無料、トラフィック無制限、簡単にアクセスができるVPNアプリです。

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、直訳すると「仮想専用線」となります。

 

海外に行くとフリーのWIFIや公衆のネットワークなどがありますが、VPNを使うことで、安全なルートを確保してインターネットの情報をやり取りする事ができるようになります。

中国などは政府がネット規制をしていて、FACEBOOKやYoutube 等のサービスが使えませんが、VPNを使えば国の規制を受けずにインターネットサービスにアクセスできるようになります。

 

VPNネコの無料ダウンロードとその使い方

 

VPN1|貧乏脱出ブログ

iPhoneのVPNネコ、ダウンロード画面です。

アプリを無料ダウンロードすると、このような画面が出てきますので、【アメリカを日本】に変えます。

VPN2|貧乏脱出ブログ

VPN3|貧乏から脱出するブログ

次に、このようなテキストが出てきます。

VPNネコはVPN接続をサポートします。

あなたの情報・データを無断使用することはございません。

という事なので、『OK』を選択します。

VPN4|貧乏脱出ブログ

VPNネコが、iPhoneのVPN設定にアクセスすることを許可する。

Allowを選択します。

VPN5|貧乏脱出ブログ

VPN連結が完了しました。

完了すると、iPhoneの左上に【VPN】というマークがつきます。

設定は以上になります。

この状態でSmartalkから日本国内に電話を掛けることができます。

気になるSmartalkの料金は?スカイプとどう違うの?

始めに、

『Smartalkの料金が激安です』

 

なんと、30秒8円です。

 

実際の、料金明細がこちらになります。

Smartalk|貧乏脱出ブログ

2分15秒の通話で40円です。

IP電話ではSkypeが有名ですが、Skypeの月額料金は300円も毎月かかってしまいます。

ですが、Smartalkは月額基本料は無料です。

ちなみに、Skypeは60秒で6円と安いですが、基本的にはLINEやFACEBOOKメッセンジャーを使うので、あくまで緊急用。私は300円も使いません。

 

まとめ

Smartalkが海外から発信できない時はどうしたらいいの?

  ↓

VPNネコをダウンロードすれば使える。

ということについてシェアしてきましたがいかがだったでしょうか?

ぜひあなたの海外旅行や、海外移住が快適なものになるように祈っています。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

ぜひフォローお願いします。

 

コメント