人生で役立つ、苦境に立つたびに見る動画 (Youtube)スティーブ・ジョブズ・スタンフォード大学・卒業スピーチ

アップル|貧乏脱出ブログ

 

”Stay hungry, stay foolish”

「ハングリーであれ、愚か者であれ」

 

そうスタンフォード大学の卒業スピーチで語ったのは、私たちの生活に欠かせないものとなったアップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏。

もうこの動画の事を知っているよ、という方も多数いらっしゃると思いますが、人生では何度も苦境に立たされることがあります。

その度にこのスピーチを見て、逆境を乗り越える力を貰うことができます。

 

今回は、忙しくて動画を見る時間がないよ、というあなたの為に要約してみました。

ここで紹介する記事を3つにまとめると、

 

経験した辛い事や、失敗などすべての点と点をつなげることで一本の線になり、素晴らしい人生を形作る。ただし、将来をあらかじめ見据えて点をつなぎ合わせることはできない。

苦境が立ちはだかった時に、逃げずに挑戦し続けることで、復活できたし愛を手に入れることもできた。

最悪の出来事があっても、信念を失わない事。

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と毎日自問自答する。

もし「違うなら」生き方を見直そう。

 

 

ここからは、ジョブズ氏がスピーチで話した内容をまとめて紹介します。

挑戦して失敗・挫折を繰り返すことで点が生まれ、それが将来線となる

大学に通うようになった私は、労働者階級の両親の貯蓄をすべて学費に注ぎ込むことに耐えられず、大学に通う価値が見出せなくなってしまった。

そして、多少は迷いましたが、退学する事に決めました。

でも、退学後に面白そうな授業に潜り込み、そこでカリグラフの講義に出会いました。

 

当時はそれが何の役にも立つとは考えませんでしたが、それがマックのフォントや字間調整機能に盛り込まれることとなりました。

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎ合わせることはできません。

できるのは、後からつなぎ合わせる事だけです。

 

自分が創業した会社からクビを宣告されて絶望した

アップル社が成長するにつれて、一緒に経営できる有能な人材を外部から引き抜いたのですが、最終的に亀裂が生じ、私は会社から追い出されてしまいました。

 

突然の事で、私は1か月くらい茫然として過ごし、かなり落ち込みました。

また、お世話になった人に会い、台無しにしてしまったことを詫びました。

 

ですが、そのことが結果的に人生でもっとも幸運な出来事になるとは思ってもいませんでした。

私はアップルを離れることで、人生で最もクリエイティブな時期を迎えることができました。

 

その後の5年間でNeXTとピクサーという会社を立ち上げ、ピクサーは世界で最も成功したアニメ制作会社となったのです。

 

それから、思いがけない事にアップルがNeXT社を買収し、私は再びアップルに舞い戻ることになりました。

 

ここから、私は最悪の出来事に見舞われても信念を失わない事、人生で素晴らしい仕事と出会える事の大切さを学びました。

 

 

スティーブ・ジョブズの毎朝の習慣

私が17歳の時に出会った言葉から、毎朝鏡の前で自問自答しました。

 

それは「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」

 

もし「違う」という言葉が何日も続くようなら、生き方を見直さなければならないということです。

 

つまり、自分は今日死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役に立つのです。

 

永遠の希望やプライド、失敗からくる不安は死の前には無意味なものになるからです。

 

私は1年前がんと診断され、もっても半年だろうと医者から告げられました。

ですが、幸運にもそのがん細胞は治療可能な極めてまれながん細胞だったのです。

これが人生でもっとも死に近づいた期間でした。

 

今後、何十年かはこのような事がないように祈ります。

 

死は生命の最高の発明です。

 

古いものを取り去り、新しいものを生み出す。

私たちは年老い、いずれ消えていきます。

 

だから自分の心と直感を信じて、それに従う勇気を持つことです。

他人の意見に従って生きないでください。

 

あなたは、自分が本当は何をしたいか知っているはずです。

最後に、私の好きなカタログの写真に書いてあった言葉をあなたに送ります。

 

ハングリーであれ、愚か者であれ。

ありがとうございました。

 

Reference:スティーブ・ジョブズ氏が2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ

 

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

ぜひフォローお願いします。また、ブログが有益と思われた方はぜひ献金もお願いします!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です