ビジネスで成功する為の4名のTedTalks【日本語おすすめ】|読者と共に貧乏から脱出するブログ

Presentation|貧乏から脱出するブログ
 
こんばんは。
 
 
万年窓際貧乏の高橋です。
 
 
読者の皆様、TEDっていうプレゼンテーション番組はご存知ですか?
 
 
数年前からイノベーターの間で結構有名になってます。
 
 
これ、本当に良いイベントでありウェブサイトです。
 
 
日本ではホリエモンや、TED×TOKYOなんかでは社会企業家の方のプレゼンテーションもありました。
 
 
スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションがiPhoneだけでなく、様々なジャンルで聞いたり・参加したりすることができるプラットフォームだと考えてもらえばよいと思います。
 
 
今回はその中でも、副業やスモールビジネスを始めようとしている方にとって有益な情報となるプレゼンテーションをオススメしたいと思います。
 
 
ぜひ、ご参照ください。
 
 
1.サイモン・シネック
 
2.ビル・グロス
 
3.マルコム・グラッドウェル
 
4.ショーン・エイカー
 

1.サイモン・シネック

 
ゴールデンサークル|貧乏から脱出するブログ   
 
 
企業の生存率は10年で約5%だと言われています。
 
 
100社が事業をスタートしたら95社が潰れるんです。
 
 
結構異常な事じゃないですか??
 
 
これから何が分かるかというと、もし私たちが成功しばんたいと願うなら、みんなと同じように考えてはダメです。
 
 
私たちが一般的な貧乏会社から脱出する為には、そのうちの5社に入らないといけないのです。
 
 
今回は、サイモン・シネック氏の考案したゴールデンサークルについてです。
 
 
一般的に事業を始める場合。
 
 
何を売るか。
どのようにして。
結果的にお客さんがどう感じるか。
 
 
という考えから始める人がほとんどです。
 
 
だから失敗するのです。
 
 
サイモン氏の考案したゴールデンサークルの場合はこうです。
 
 
なぜ我々はこの事業をするのか。
どのような理念・大儀で行動をするのか。
何を売るか。
 
 
何で人は何?より何故?に共感するのでしょうか?
 
 
それは人間は感情によって動かされるからです。
 
 
人は物や論理では動かされないのです。
 
 
もし私たち貧乏人が人の感情に訴えかけられるような夢・信念があるのであれば成功者になるのも近いかもしれません。
 
 
leader|貧乏から脱出するブログ
 
人は一人だと実現することが難しいことがたくさんあります。
 
 
でも人の助けを借りることで、拍子抜けするほど簡単に問題を解決することができます。
 
 
例えば、家族一丸となって、社員一丸となって貧乏から脱出する、もその一つです。
 
 
じゃあその家族一丸、社員一丸になる為の方法は?
 
 
それは、家族や社員にあなたを絶対に見捨てないという安心感を与えることです。
 
 
安心感を与えることができる人間とは?
 
 
人を見捨てない、社員の首を切らない組織です。
 
 
人が間違っていたり、気に入らなくても自分の気分で裁いてはダメです。
 
 
親が子供を育てるように、敢えて失敗から学ばせてなければなりません。
 
 
その為にはまず、我々が辛抱強くならなくてはいけません。
 
 
キレない。
 
・文句を言わない。
 
・優しく見守る。
 
・待つ。
 
・時間をかける。
 
・責任を我々が持つ。
 
・どんな時も一緒にいる。
 

2.ビル・グロス

 
新規事業|貧乏から脱出するブログ
 
 
 
ビル・グロス氏の新規事業を成功させる大きな要因についてです。
 
 
100社の立ち上げの経験から、成功と失敗の法則を見つけようとします。
 
 
・アイデア
 
・チーム、運営力
 
・ビジネスモデル
 
・資金
 
・タイミング
 
皆さんはどれだと思われますか?
 
 
ビルさんが導き出した答えは意外なものでした。
 
 
これから副業・事業を立ち上げようとする方に参考になると思います。
 
 

3.マルコム・グラッドウェル

 
piza||貧乏から脱出するブログ
 
ユーモアを交えて、人々が本当に求めているものは何か、について語っています。
 
 
この視点で物事を考えることができる人はそういません。
 
 
つまり、人々は本当は自分が求めているものについて説明できないということです。
 
 
例えば自分の仕事が写真家であると仮定した場合。
 
 
写真家の主な仕事は、結婚式やスタジオで記念の為、広告の為に写真を撮り、編集し、額縁に入れて渡します。
 
 
この流れで、どうしたらよりお客様の満足度が上がるんだろうと考えます。
 
 
・機材をより高価なものにする。
 
・お客さんにサービスを増やす。
 
・小道具を増やす。
 
質の向上のため、以上の項目を考えるとします。
 
でも、本当に売り上げを変えたければそこに着目するのではなく、お客様が本当に望んでいるものは何か?を考えてみます。
 
 
・実はSNSで投稿したいだけだから、SNS映えする編集をした方がいいのではないか?
 
・撮った写真を500円くらいのフォトブックにして家族に配りたいんじゃないか?
 
・スタジオで撮るよりも、お客さんのお気に入りの場所で撮る方がいいのではないか?
 
こう考えてみると、ただ写真を撮って、渡す以外にも色々なサービスや付加価値を提供することができます。
 
 
そして、お客様が気付かなかった、購買欲を駆り立てられる商品を作ることができます。
 
 
また、重要なものの一つに、どうすればみんなが好きな最高の商品が作れるか?
 
 
それは、みんなに好かれた方が、みんなに買われるんだから売り上げは上がりますよね。昔はそれでよかったと思います。
 
 
物自体がない、または少なかったからです。
 
 
でもこれからの時代は違います。
 
 
これからの時代は”多様性”が重要となってきます。
 
 
一人ひとりにあった商品を提供する。
 
 
オーダーメイドってやつ。
 
 
実際にその方が単価も高くなるし、顧客満足度も上がる、在庫も少なくいい。これって、我々貧乏人がスモールビジネスを始める時の核と
 
なる考え方だと思います。
 

4.ショーン・エイカー

 
 
幸福優先度|貧乏から脱出するブログ
 
ショーン・エイカー氏の幸福と成功の意外な関係についてです。
 
 
貧乏人の高橋も、俺って社会の底辺やし、貧乏やし、貯金もないしどんだけ不幸なん?って思うことが多々あります。
 
 
で、ネガティブスパイラルに陥って何も手につかない。
 
 
皆さんはこんなことありますか?
 
 
なんで、早く成功して幸せになりたい。と。
 
 
ショーンさんが言いたいことは、”順番が逆”ってことです。
 
 
成功したければ幸せになれ。
 
 
ネガティブな脳よりポジティブな脳の方が31%生産性が高い。
 
 
と研究から割り出しています。
 
 
そりゃあそうですよね。
 
夫婦でケンカした後に平然とお客さんに接客できる人がいますか?
 
 
プロフェッショナルだったらできる、ってそんな訳あるか!!
 
 
家庭も上手くいって、プライベートで上手くいっている人が良い結果を出しやすいっていうのは普通に考えれば当たり前のことですよね。
 
 
でも、我々貧乏人はこのことに気づいてないわけです。
 
 
”幸せだから成功する” この考えは頭に叩き込んでおかなければなりませんね。
 
 
意識して行動したいと思います。
 
 

まとめ

1.サイモン・シネック
 
2.ビル・グロス
 
3.マルコム・グラッドウェル
 
4.ショーン・エイカー
 
 
以上、4名のプレゼンターのお話はいかがだったでしょうか?

 

TEDって無料で見れるのに世界で影響力のある人のお話が聞けるのは魅力的ですね。

 

精神論じゃあ21世紀は生き残れません。

 

常に勉強し、貧乏から脱出できるようお互いに刺激しあえたらと思います。

 

ではまた!

 

ツイッターでも貧乏で苦しむあなたを毎日励ましますッツ!
よければフォローお願いします!
 
ツイッターを使ったことがない人はぜひ登録してみて下さい。
他のSNSと違って、頑張ってる人の投稿が見れるから勉強になるし、オススメ!
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です