生活保護を恥知らずだと思うヤツって馬鹿なのかな?無駄な感情で人生損する人の特徴

welfare|貧乏脱出ブログ

 

突然ですが、あなたは生活保護についてどう思われますか?

私の両親は、生活保護を受けるくらいなら貧乏でも働いていた方がマシだ!という意見を持っています。

 

それも一つの価値観・意見ですので敢えて批判しません。

 

しかし、私の両親は畜産業を営む個人事業主です。

彼らには365日休みがなく、毎日深夜まで働いています。

前は借金があったようですが、今はそれも返したようです。

しかし、それでも年収300万円以下の世にいうワーキングプアです。

 

私の目から見ると地獄のような生活だと思います。

父は事業が楽しいとの事ですが、それに付き合って働かされる母はたまらないと言っていました。

客観的に考えて、生活は生活保護を貰う方が楽に決まっているし、本人たちもそう言っていました。

 

生活保護を貰うのは恥なのか?

それは、彼らが生活保護をもらうのは【恥】だと考えているからです。

私は全くそう思いません。

なぜなら、日本人は以下のように憲法で守られているからです。

 

日本国憲法(昭和二十一年憲法)第25条

第1項 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

第2項 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上 及び増進に努めなければならない。

 

ちなみに、憲法とは国家権力に対して制限を行い、国民の人権を保障するものです。

私は日本国憲法第25条が日本の誇るべき文化だと思っています。

 

ですが、よくニュースで役所の人間が水際作戦として、生活保護の申請をさせないようにする、という話を聞きます。

 

ハッキリ言って、役所の人間は害悪でしかありません。

役人は、根本的に我々労働者から“搾り取った”お金で食っているだけの、【ブタ】に過ぎません。

 

要するに役人はごみ以下の人間です。

彼らは何の価値も生み出していません。

私たち国民から奪ったお金を適当に振り分けているだけの存在です。

近い将来、その『振り分け作業』はITテクノロジーによって置き換わるので、役人に未来はありません。

早いところ、役人は駆逐されるべきだと思います。

日本の税金は生活保護費で食いつぶされるのか?

なぜ役人が生活保護の申請を水際で食い止めるのか、それは税収における生活保護の拡大にあります。

 

日本の税収は47兆円で、生活保護費は4兆円にあたります。

割合にして11%です。

 

次に捕捉率(生活保護を利用する資格のある人のうち現に利用している人の割合)を見てみます。

・日本:15.3~18%

・ドイツ:64.6%%

・フランス:91.6%

・イギリス:47~90%

・スウェーデン:82%

 

数字でみてみると、役人がなぜ生活保護費を出し渋るのか納得できますね。

このまま日本の捕捉率が上がると、それこそ全ての税収が生活保護費に食いつぶされるのではないかと危惧するのも仕方ありません。

 

ですが、国民の生活・人権は憲法によって保障されています。

もし、生活保護費を下げたいなら憲法を変えるしかありません。

 

つまり、役人のやっている水際作戦は間違いなく日本国民を愚弄する【違憲行為】であり、文句があるなら憲法を変えろよ、という話になります。

 

そんな事を言っても、現実このままだとまずいのではないか?という方に知っていただきたいのが、基礎所得保障【ベーシックインカム】になります。

 

生活保護費が増えすぎてマズイ!基礎所得保障【ベーシックインカム】導入のススメ

捕捉率があがったら、生活保護費が税収を圧迫してマズイ、でも国民の最低限の生活を保障しなければならない、という問題を解決するために、今注目されているのがベーシックインカムになります。

こちらは、オランダの歴史家ルドガー・ブレグマン氏のTEDでの講演についての要約と動画になります。

非常に分かりやすく、ベーシックインカムについて理解するのに最適です。

ベーシックインカム|貧乏脱出ブログ

また、日本ではにちゃんねる創業者のひろゆき氏も、ベーシックインカム導入についてニコニコ超会議などで話し合われています。

ひろゆき氏の試算によると、日本の全国民に毎月7万円ほどの基礎所得を無条件に給付する事ができるとしています。

 

ベーシックインカムが導入されることによって、ブラック企業で長時間働く必要もありませんし、わたしたちの健康や生活の質が向上して、全日本人がクリエイターとして好きな事や夢に挑戦できるようになります。

そうすると、アニメや日本の文化など素晴らしい製品や商品を日本から世界に提供することができ、結果的に日本の税収も増えるのではないかと予測できます。

 

まとめ

・生活保護を貰うのは恥なのか?

・日本の税金は生活保護費で食いつぶされるのか?

・生活保護費が増えすぎてマズイ!基礎所得保障【ベーシックインカム】導入のススメ

 

貧乏なのに生活保護を恥だとか、貰うのが悪だとか思っている人は人生損していると思います。

なぜなら、どうせビジネスのセンスもなければ、ブラック企業でミジンコみたいな税金を納めることしかできないのだから、それを認めたうえで生活保護を貰いましょうよ。

 

必要最低限の生活をして、健康を守り家族と幸せに過ごす。

これ以上何を望むものがあるのでしょう?

 

そして、もし精神的に余裕がでてきたら、自分が好きな事や夢を追いかけて作品をつくって世に出していけばいい。

新海誠さんのように一人でアニメ映画を製作して、世界中でヒットしている人もいます。

彼は、日本に莫大な利益を生んでいます。

 

だから、今は生活保護で安定を手に入れて、少しずつ新しい事に挑戦していけばいいと思います。

また、それが生活保護からベーシックインカムへと時代の流れで変化していくと思いますが、日本もいち早く導入されることを希望します。

では、貧乏やワーキングプアで苦しむ私たちがどんどん生活保護を受給し、社会を変える原動力になればと思います。

それではまた!

 

ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。

ぜひフォローお願いします。また、ブログが有益と思われた方はぜひ献金もお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です