働けど働けど貧乏-30代家族持ち、無職の絶望-

貧乏エピソード
相変わらず貧乏です。
社畜を辞めて、かれこれ六、七年は経ちますが、それからずーっと貧乏です。
 
社畜の時は、月に20万円~30万円をもらって、一応人並みには生活することができていました。
その後、社畜を卒業し、自営業フリーランスを始めました。
 
もちろん、自営業フリーランスのメリットデメリットはありますが、やはり自分が牛馬のごとく働いて、その分が自分の収益になります。私は家族がいるので、働けど働けど貧乏です。
 
もちろん、1人の時は働いた分で遊ぶことができましたが、今はそうではありません。
もちろん、自営業なので、うまくいくときもあれば失敗する時もあります。
一番ひどい時で、私は月に50万円失ったこともあります。
 
結婚費用や家族を養う為の生活費、それで私が働いた分のお金は全て水の泡のごとく消えていきました。
 

働けど働けど貧乏:働いてもお金がない。

 
これはあなたも感じているかもしれませんが、一体何のために働いているのだろう?働いても働いても貧乏で全くお金が残らない。そして、家族はどんどんどんどんお金を使う。
 
私は自営業なので、会社には行きませんが、朝起きてから夜寝るまでずっとパソコンでカタカタしたり、読書をしたり、根を詰めて働き続けています。
 
もちろん休みなどありません。
 
土曜、日曜、喜んで働きます。
 
ただし、もうすこしこれはおかしいという気持ちになってきました。
そして、もちろん家族がいるので家事もやります。
炊事洗濯、掃除、特にひどいのは炊事です。
 
ご飯を食べても食べてもその分食器洗いが増えるのです。
特に子供が小さいので、ご飯を食べた後の机はまるで戦場の惨劇の跡ようになっています。
 
本当に貧乏で、お金がないのに仕事もやたらと多いというこの状況で、本当に希望を失ってしまうような時もあったり、疲れ果ててしまうこともあります。
 

働けど働けど貧乏:働きすぎて消耗。ゴミクズのように。

 
働けど働けど、貧乏。
 
もしかしたらこの宿命から一生逃れることはできないのかもしれません。
ですが、逃げるわけにもいかず、自殺するわけにもいかないので、ただ淡々と自分がやるべきことを望まれることをやっています。
 
本当に疲れます。
 
聖書でも、こういうことを言っています。
 
 
私は早く天国に行って、イエスキリストに会いたいですが、この世界では私に救いを求める人がいる、救うべき人がいる。だから私はその狭間でさまよっている、どうしたらいいかわからない。
 
 
これはまさに私が今感じていることです。
私は日本人なので無駄に努力をしてしまいます。
なので、早く死んで楽になりたいというのはあります。
 
ですが、今生きているうちはやるべきこと、使命があるのでそれを淡々とこなさなければいけないという間に私はいるのです。
 

働けど働けど貧乏:30代、貧乏の絶望感

 
もう私も30代です。
20代の頃は海外にも行ったし、クラブで遊んだし、国際結婚もしたし、ビジネスもやりました。
とことんやりたいことはやってきたので、特にこれからの人生で楽しみというのもありません。
もちろん家族を養って行く責務はありますが、正直疲れました。
 
なので、早いところ天国に行きたいというのがかなり大きいです。
もちろん、希望がないとか嫌気がさしたとかそういうことではありません。
 
私は、基本的にいつも自分がやるべきタスクをこなし、将来についてもよく考えています。
そんな私でも、疲れ果てたりすることがあります
 
あなたも同じだと思います。
 
働けど働けど、貧乏。
 
掃除をしても一向に片付かない。
また子供が部屋を汚す。キッチンが汚れる。
 
そんなことを繰り返すのに疲れる時もあります。
 
そんな時は、ぜひ友達や家族もしくはこの貧乏ブログにでもいいので、ぜひコメントをしてもらえたらと思います。日本は現在ワーキングプアや社畜といった問題がありますが、あなたの人生はあなた次第です。
 
もし、自分が思うような理想とするような人生を歩めていない時は、早めに環境を変えてみたり、付き合う人を変えてみたり、色々と試行錯誤する必要があります。
 
私もその最中でもがいています。
 
また、この資本主義社会というものがすぐに変わるかといえば、そうではありません。
ベーシックインカムが導入されると言っても、すぐに投入してみんなが幸せになるということはあり得ないのです。
 
でも、希望を失わないでください。
私も戦っています。あなたは1人で苦しむべきではありません。
働けど働けど貧乏という状況が、少しずつでも改善できるように、お互い切磋琢磨して日々努力を怠らずに少しずつ積み重ねていきましょう。
 

働けど働けど貧乏:月に20万円欲しい…

 
そのためには、自分が設定した目標を達成して、成功するしかありません。
私の場合は、ブログとWebライティングで月に20万円~30万円を稼ぐのが今のところの目標であり、成功と位置づけています。
 
人それぞれ成功の定義は違いますが、まずは自分と向き合って何が一体自分の本当の成功なのか、その成功が他人が決めた成功なのか、もしくはテレビやニュースで言われるところの成功ではないのか、今1度確認してみてください。
 
私は月に100万円もいりません。20万円でいいのです。
そのために働けど働けど貧乏ですが、少しずつ種まきをしているのです。
その途中で疲れることはありますですが、あなたは1人ではありません。
 
共に頑張りましょう。
 
貧乏で仕事がない?ブログ運営とWEBライティングが最強な理由とは?
貧乏で仕事がない?ブログとWebライティングの組み合わせは最強 素人のブログ運営は無理ゲー。Webライティングがオススメ!貧乏で仕事がない!?Webライティングで稼ぐコツ ブログを初めに作って、Webライティングの仕事をした方がいい理由とは?

働けど働けど貧乏:家族がプレッシャー、どうしたらいい?

 
家族はいつも助け合うものですが、逆に家族がプレッシャーとなり重荷になり、心を砕き、ストレスが溜まってしまうことがよくあります。
 
そして、家族なのになんで助けてくれないんだ!?と口論になり、大変なことになってしまうことがあります。
これはまず、もとの考えとして、家族であっても1人1人は別々の人間です。
だから、私達はお互いのストレスなんかわからないし、お互いの悩みなんか100%理解すること、そして助け合うことなんか絶対にできないのです。
 
それでは、どうすればいいのかというと、相手が働いて結果を出してお金を稼いでくるなんて期待しない。
そして、困った時には相手が必ず助けてくれるとは思わない、ということです。
 
私達は絶望することしかのでできないしょうか?
いいえ。そうではありません。
 

働けど働けど貧乏:セルフコンパッションで自分に優しく。

 
何ができるのかというと、それは
 
セルフコンパッション、自分への優しさ思いやりを持つ
 
という事です。
つまり、自分のことは自分で優しく扱ってあげるしかできないのです。
 
これは甘えではありません。
 
人が見ていないところで自分が頑張った時は、自分でご褒美を用意して自分でねぎらう。
つらいことがあったときは、自分で自分をなるべく慰める。決して自分をつらく当たってはいけません。
 
もちろん、甘やかしてはいけませんし、反省する必要もあります。
ですが、頑張りすぎると心が折れて、結局自分や家族に取り返しがつかないことになってしまいます。
なので自分のことは自分で思いやりを持って接してください。
 

働けど働けど貧乏:ストレスで吐きそう…でもやり抜くしかない。

 
ストレスで、ご飯が食べれない、胃が重たい、吐き気がするそういうような時もあります。
ですが、このような逆境を乗り越えて、真の成功が得られると私は信じています。
 
なので、あなたもくじけそうになった時は自分で自分を優しく慰めて、途中で投げ出さないように心がけていきたいと思います。
 
 
それでは今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ブログでは数千文字で、ツイッターでは140文字であなたを応援します。
ぜひフォローお願いします。
貧乏で仕事がない?ブログ運営とWEBライティングが最強な理由とは?
貧乏で仕事がない?ブログとWebライティングの組み合わせは最強 素人のブログ運営は無理ゲー。Webライティングがオススメ!貧乏で仕事がない!?Webライティングで稼ぐコツ ブログを初めに作って、Webライティングの仕事をした方がいい理由とは?

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました